転職

転職市場で社内SEが人気です。
単に求人件数が少ないだけで、取り合いになってしまい、人気なんだと錯覚しているだけかも知れませんが、私が次に転職するとしても、やはり社内SEになりたいと考えています。
社内SEが人気の理由を探り、その将来性やデメリットについても考えてみます。

 

スポンサーリンク

社内SEが人気の理由

転職する時の職種として、社内SEが人気の理由を5つ挙げます。

社内SEが人気の理由

  • 納期のプレッシャーが少ない
  • ワークライフバランスを実現しやすい
  • ユーザーとの距離が近く、感謝される
  • 上流工程の経験が積める
  • 成果を実感できる

社内SEは納期のプレッシャーが少ない

システム開発会社でシステムエンジニアをしていた時は、納期のプレッシャーがハンパなかったです。

孫請けだったので、特に感じたのかもしれません。

ユーザーに納品する前に、下請けの検収を受けなければいけないので、時間的な余裕も減ります。

社内SE
納期間際の仕様変更も無下に断れません。

それでも、納期の延長は難しいのが孫請けの辛いところです。

ユーザー企業の社内SEは発注側なので、納期のプレッシャーを受けることはありません。

社内開発の場合も、納期を守れなかった時のペナルティがある訳でもなく、そこまで厳密に守られることがありません。

社内SEはワークライフバランスを実現しやすい

納期のプレッシャーが少ないというのは、残業してまで仕事を仕上げなくてはいけない理由が減ります。

世の中の風潮で、残業時間は減少する傾向なので、平日の夜は家でゆっくりすることが増えました。

また、全国展開している会社ではないので、転勤もありません。

仕事とプライベートのバランスがとりやすい環境になりました。

社内SEはユーザーとの距離が近く、感謝される

社内SEはユーザーとの距離が近いのが特徴です。

社内SE
トラブル発生時は社内SEが1次受付になります。

簡単なトラブルなら、その場で対応することもあり、ユーザーから感謝されます。

メーカーにエスカレーションすることもありますが、ユーザーからすれば、どれぐらい大変なトラブルかは判断できません。

全て仕事が止まってしまう「エラー」です。

10回に1回でも、すぐに治すことができれば、とても感謝されます。

社内SEは上流工程の経験が積める

社内SEはユーザーを代表してシステム開発会社とやりとりすることになるので、概要設計など上流工程に携わります。

ユーザーのヒアリングに同席したり、時にはユーザーが表現しきれないことを通訳してシステム開発会社に伝えたりします。

システム開発の工程の中でも、上流工程の経験が積めます。

社内SEは成果を実感できる

開発会社のシステムエンジニアは、納品してしまえば仕事が完了ですが、社内SEは、そこから運用が始まります。

そのシステムを通して、会社の業績が良くなったとか、社員の働き方が効率化したとか、成果を実感することができます。

ユーザーと考えた末、開発したシステムで、考えていた通りの成果が出た時は、とてもうれしいです。

⇒ 自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

 

社内SEのデメリット

以前、社内SEが感じるストレスについての記事を書きました。

この内容とカブる部分もありますが、社内SEのデメリットを挙げます。

社内SEのデメリット

  • 給料が安い
  • 資格が役に立たない
  • 出世しにくい

社内SEは給料が安い

同じ規模の開発会社のSEとの比較になりますが、社内SEは給料が安いです。

社内SEの場合、その会社の給与体系によって、年収が変わってきます。

開発系SEは、人月単価の相場があるので、よほどの悪徳企業でなければ、だいたいの年収が決まってきます。

儲かっている企業の社内SEは、上場企業のSIerより給料が良いこともありますが、総じて、システム関連のエンジニアは平均年収が高めなので、ユーザー企業の社内SEの方が安い給料ということがよくあります。

社内SEは資格が役に立たない

私は入社時に中小企業診断士とシステムアナリスト、ITコーディネーター、の資格を持っていましたが、仕事では全く役に立っていません。

中小企業診断士とITコーディネーターは更新が必要ですが、仕事に関係なくなってしまったので、今は失効してしまいました。

転職活動用に更新しておけば良かったのですが、費用も時間もかかるので、勿体ないです。

社内SEの場合、その会社で必要な技術は限られてくるので、汎用的な知識は身に付かなかったりします。

反面、他の会社では使っていない特殊な言語を使いつづけている事もあります。

会社によって特徴がありますね。

社内SEは出世しにくい

ユーザー企業の社内SEは間接部門の人材なので、評価されにくく、出世しにくです。

直接部門でバリバリに働いている方が出世しますよね。

メーカーだったら、研究開発で画期的な発明をすると、若くしてフェローに仲間入りすることもあるでしょう。

大企業でも、CIOがいる会社は多くありません。

情報システム部に所属していて、その中で出世しても、役員になっていく例は稀です。

要領のよい人は、情報システム部である程度昇進すると、経営企画室や事業部の管理部門に異動を申し出るようです。

情報システム部で社内の事情に詳しくなると、そのコミュニケーション力を発揮できる部署が他にもあります。

社内では出世しにくいので、その能力を副業で発揮するのもありですね。
⇒ プロマーケターのための副業支援サービス「プロの副業 マーケティング」

 

社内SEの将来性

社内SEの将来性は、勤める会社の将来性となります。

会社が潰れてしまえば、失業者となって、ハローワークのお世話になります。

勤めていた会社の業務を通してシステムの知識を身に付けていたので、気を付けないと偏った技術ばかり得意になっているかも知れません。

私の場合、あまり一般的でない、特殊はソフトウェアを使い続けているためか、その分野では専門家だと思いますが、他の会社に移っても必要とされる技術とは言い切れません。

そのソフトウェアを使っている会社を探す方が大変です。

将来的にも有用な技術を身に付けておくことが必要ですね。

社内SEでも、インフラ関係でネットワークの知識は重宝されます。

圧倒的に、ネットワークの事がわかる人材が不足しているのも理由です。

社内SEを目指すなら、ネットワークエンジニアから始めるのは良いでしょうね。
⇒ ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

 

社内SEに転職する裏技

社内SEになるための裏技はコチラです。

私の例は参考になりませんね。

最近も、専任のシステム担当者を募集してシステム部門を立ち上げるという企業が求人募集していましたが、システム開発の経験者が応募企業にシステム担当者として採用して欲しいことを伝えるのも方法かも知れませんね。

社内SEを目指すなら、社内SEに強い転職サービスを利用するのがイチバンです。

開発系SEに比べ、求人件数が極端に少ないので、案件を見つけるには、専門で紹介しているサービスか、大手が良いと思います。

社内SEに強い転職サービス

スポンサーリンク
おすすめの記事