転職のために50代文系サラリーマンがプログラミングを始める方法!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

内定した52歳社内SEのおぐです。

プログラミングって難しそうだなぁ、って思いますか?

これまでパソコンを使って仕事をしていた人でも、エクセルやワードは得意だけどプログラミングはちょっと・・・

という人が多いですよね。

エクセルを使えれば、プログラミングまで、あと少し、半歩踏み出せば良いだけなんですが、なかなか、その半歩が難しいですよね。

しかし、転職を考えている50代の平凡なサラリーマンは、そんな悠長なことを言ってられません。

文系だろうと、事務職だろうと、今すぐプログラミングを始めてください。

文系だからこそ、他の応募者と差別化できます。

 

転職のためにプログラミングの勉強を始める理由

転職のためにプログラミングの勉強を始める理由

50代の平凡なサラリーマンが、これから転職しようと考えているのであれば、プログラミングの勉強をおすすめします。

50歳を過ぎた平凡なサラリーマンが転職を考えているとは思えませんが、事情は人それぞれです。

残りの会社員生活を逃げ切れるかと考えていたところ、私のように思いがけない事態で転職を余儀なくされる場合もあるでしょう。

今さら転職なんてできるかなぁ、と心配になると思います。

そんな時は、プログラミングの勉強を始めて業務に活かすようにしましょう。

その実績を職務経歴に書いていけば道が拓けます。

今、アピールしやすいのは、DXです。

世の中、DX、DX、DX、DX、DX、と浮かれています。

ところで、DXって何ですか?

テレビCMで放送して、一般の人が理解できるような簡単なことですか?

流行に乗ろうとしている一部の人たちに巻き込まれているだけなんじゃないですか?

ごめんなさい、少しイラっとしています。

製造現場は、IoTやAIの活用でDXが推進されているイメージがあります。

設備のコンピュータ化が進んでいたので相性がいいし、会社としても競争力の源泉として力を入れている分野でしょう。

しかし、経理や総務、人事などの事務系の職場では、バブル期に導入したオフコンで終わっている会社がたくさんあります。

オフコンは安定しているし、プログラムも変更しやすいので好きですが、DXっぽくないですよね。

確かにパソコンに向かって仕事をしている人ばかりです。

それでも、やっている仕事はWindows95の時代からあまり変わっていません。

メールで取引先や社内の人とやりとりして、エクセルに数値を入力して、文書はワードで作成する。

その理由は、会社からパソコンを与えられても、その使い方を教えられただけで、プログラミングについては全く学ぶ機会がなかったからです。

本当はパソコンって便利なんですよ。

しかし、便利さを実感するには、プログラミングを覚える必要があります。

自分の仕事の生産性を上げ、転職市場での価値を向上させるためにも、ちょっと遠回りしてでもプログラミングを勉強しましょう。

リクナビNEXTに登録して求人情報を確認する

 

50代文系サラリーマンにおすすめするプログラミング言語

50代文系サラリーマンにおすすめするプログラミング言語

50代の文系サラリーマンにおすすめするプログラミング言語は「VBA」です。

VBって聞いたことがありますか?

「Visual Basic」というプログラミング言語がベースになっていて、エクセルやワードなどに組み込まれているのが「VBA」です。

私と同じ世代の方なら、学生時代にBASICという言語でプログラミング実習を行いませんでしたか?

私は文系だったのですが、パソコン実習みたいな授業があり、一太郎やロータス123の基本操作みたいなのを学ぶ授業ありました。

その授業の中で、BASICのプログラミング体験みたいな事を体験しました。

教科書に記載されている通り打ち込んだだけのプログラミングですが、ビープ音でジングルベルが鳴った時は楽しかったです。

初心者向けのプログラミング言語のイメージが強いBASICですが、Windowsに対応した開発環境として「Visual Basic」があります。

VBは、本格的な開発でも利用されています。

製造現場のプログラムはVBで開発されたものが多いイメージです。

Windows95が発売されたぐらいの頃は、大手企業の開発でも使われていましたね。

今では、あまり使われなくなったVBですが、エクセルやワードなどのマイクロソフトのオフィス製品にはVBAが組み込まれています。

エクセルの処理をVBっぽい言語で自動化できるのがVBAの特徴です。

 

VBAをおすすめする理由

VBAをおすすめする理由

VBAをおすすめするのは、手軽に始められるからです。

50代になるまで、今の仕事をしている人であれば、経理や総務の仕事はプロフェッショナルだと思います。

何をすれば効率的に作業が進められるのか、わかっているはずです。

しかし、自動化するためのスキルがない。

そんな時は、手軽に始められるVBAです。

社内SEや外部の開発会社にお願いしていたのでは開発に時間もコストもかかります。

いやいや、この資料のこの数値を、こっちのエクセルシートに転記したいだけなんだけど・・・

VBAをちょこっと覚えるだけで、簡単にできますよ。

プログラミングで何ができて、何ができないか、理解するためにもVBAは都合が良いです。

普段から使っているエクセルが基本なので、取り組みやすいと思います。

「エクセルの作業を自動化する」

この前提があれば、VBAは理解しやすいプログラミング言語です。

 

VBAの始め方

VBAの始め方

仕事でエクセルやワード、アウトルックを使っていませんか?

全く使っていなければ、PHPとかPythonとか他の言語をおすすめするんですが、VBA以外の言語は使えるようにするための前準備に手間がかかるので、プログラミングにたどり着く前に挫折してしまいがちです。

VBAなら、エクセルを開いて「開発」メニューから操作すれば始められます。

分からなくなっても、初心者向けの書籍がたくさん出版されているので勉強しやすいです。

オンライン講座もおすすめです。
⇒ エクセルが自動で仕事する!マクロの魔法 文系・非IT職もできるプログラミング

初心者は、簡単なことにつまづいてしまって、勉強をやめてしまうしまうことがあります。

本当は、身近にVBAの達人がいて、ある程度のレベルになるまで手取り足取り教えてもらえれば良いのですが、そんな環境で働いている人は少ないと思います。

VBAを使っている人は多いので、分からない事があってもネットで検索して解決できます。

VBAは50代の初心者プログラマーにおすすめのプログラミング言語です。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


おすすめの記事