転職
スポンサーリンク

新聞の折込チラシに掲載されている求人情報ですが、片面印刷になっていますね。

求人件数が減っているように思います。

新型コロナが気になるので在宅ワークをしたいのですが、どうやって求人情報を見つければ良いのでしょう?

 

在宅ワークの求人情報を検索する方法

在宅ワークの求人情報を検索する方法

ハローワークのインターネットサービスで在宅ワークの求人情報を検索してみました。

「在宅」のキーワードでは該当なしとなってしまいます。

「テレワーク」のキーワードで検索したところ426件の求人情報が見つかりました。

しかし、「現在テレワーク対応を行っています」というように、在宅ワークの求人かどうかは、内容を詳しく確認しないと判断できません。

目視で確認したところ、1件、自宅でエクセル入力の仕事が見つかりました。

就業場所が決まっていて、「在宅ワークも可」という求人もあるようですが、ハローワークで在宅ワークを探すのは難しいですね。

求人情報サイトのdodaで「テレワーク」を検索してみました。


該当求人数が902件ありますが、在宅勤務の求人案件ばかりでは無さそうです。

求人情報サイトで在宅ワークの仕事を見つけるのは難しいですね。

 

テレワークにはどんな仕事があるの?

テレワークにはどんな仕事があるの?

在宅でできる仕事を考えてみました。

求人サイトではありませんが、ネットで「在宅」と検索してみると、ライブチャットの記事がたくさん見つかりました。

女性向けの求人ですね。

プログラム開発などは自宅でもできる仕事だと思いますが、正社員として働くとなると、基本は通勤で、週に何日か在宅という形態になりそうです。

完全に在宅ワークで正社員というのは難しいのでしょう。

親の介護などで、テレワークの需要は高くなっていると思いますが、それに応えられる働き方を提供できている企業は少ないですね。

首都圏を中心にオフィスに出勤しなくて良いテレワークが要請されていますが、緊急事態なので、企業が対応しているだけかも知れませんね。

これが一般的に普及するのは先の話なのかも知れません。

週に数回でも良いので、テレワークが一般的になれば、働き方が変わると思います。

オフィスワークが全てテレワークで行えるようになれば、通勤で疲弊するサラリーマンも減りますね。

居酒屋での愚痴がオンライン飲み会での愚痴に変わるかも知れません。

オンラインだったらミュートしてしまえば、嫌な話も聞かないで済みますね。

 

フリーランサー向けの案件紹介

フリーランサー向けの案件紹介

フリーランサー向けの案件紹介サービスはたくさんあります。

クラウドワークスやランサーズのような請負業務のマッチングサイトがあります。

仕事を依頼する側で利用した事がありますが、社員として働くのではなく、事業主として仕事を請け負う事になるので、それなりの責任感が必要です。

社員として働くのと、自営業者として仕事をするのでは、背負う責任は異なってきます。

しかし、その分、報酬や働き方も異なってきます。

請負業務だからといって、高度な技術や知識が必要なものばかりではありません。

どちらかというと、期限前に一定品質の成果を出すとか、要求される仕様をこなすという事が重要になります。

難しい仕事の方が報酬が高くなりますが、初心者でも挑戦できる仕事もあります。

 

商店街が復活する?

商店街が復活する?

大手ショッピングモールが臨時休業しているためか、首都圏では地元の商店街に人が集まっているそうです。

私の住む地域では、大型スーパーに人が集まっています。

他に行く場所がないためか、家族連れで買い物に来るので、普段よりも人が集まっているようです。

人混みを避けるため、大型スーパーではなく、近所の食料品店に買い物に行くのですが、品揃えや価格で不満があります。

不満があっても、他に選択肢が無いので仕方ないですね。

地方都市の商店街は、以前から衰退していて、いろいろな対策がとられていましたが、復活させるなら今ですね。

復活させようにも、すでに閉店しているお店ばかりなので、今からできる事は無いかも知れません。

しかし、効率重視で人を集める方法が新型コロナでひっくり返されているので、仕事のやり方も劇的に変化するかも知れませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事