IT業界でステップアップする転職とは?新型コロナの影響で希望者増!
スポンサーリンク

新型コロナの影響でIT業界に転職したと希望する人が増えているそうです。

IT業界ならテレワークが普及していると考えている人が多いのでしょうね。

IT業界でステップアップするなら、ステップアップできる仕事をする事です。

日々進化するIT業界で、古い技術に磨きをかけてもステップアップは難しいと思います。

ニーズの多い、競争のある分野で勝てる仕事を探しましょう。

 

IT業界でステップアップする転職とは?

IT業界でステップアップする転職とは?

IT業界でステップアップするなら転職エージェントを利用するのがイチバンです。

IT業界でステップアップと言えば、次の3つに分類されると思います。

IT業界での3つステップアップ

  • 職種としてのステップアップ
  • 役職としてのステップアップ
  • 企業体としてのステップアップ

ステップアップというと下位から上位になって給料が増えるイメージですが、ここではそれだけでなく、より需要の多い職種とか、より希少性の高い職種という意味も含めてステップアップとしました。

それぞれについてみていきます。

 

職種としてのステップアップ

職種としてのステップアップ

IT業界で職種としてステップアップを考えると大きく次の4つがあると思います。

IT業界で職種のステップアップ

  • プログラマーからシステムエンジニア
  • オフコンからWEB系
  • COBOLからJava
  • ソフトウェア開発からインフラ構築

プログラマーからシステムエンジニア

最も基本的なものが、これですね。

例えば、プログラマー(PG)からシステムエンジニア(SE)と、WEBプログラマーからWEBディレクターのような開発者から設計者へのステップアップです。

私は携わっていた大規模なプロジェクトだと、PG→SE→PL(プロジェクトリーダー)→PM(プロジェクトマネージャー)という段階がありました。

PMやPLは、受注した会社のプロパー(社員)が担当して、SEやPGは下請けの外注企業が担当するみたいな役割分担がありました。

実際、IT業界の職種はもっと複雑でたくさんあるので、単純にPGよりもSEが偉いという訳では無いのですが、一般的な認知としてPGの次はSEというキャリアパスが多くの企業で描かれています。

最近の傾向として、SEもPGも一緒にしてしまっているところも多いようです。

オフコンからWEB系

オフコンという例えが、すでに古いのですが、需要の少ない環境から需要の多い環境にステップアップするという意味です。

現在、開発案件の多いシステムといえば、アプリ系かWEB系だと思います。

私が社会人になったばかりの頃のシステム開発と言えば、オフコンでの開発がほとんどでした。

パソコンが一般に普及していない時代だったので、会社に導入されているコンピュータはオフコンで、パラケルケーブルで端末が繋がっている状態でした。

今でもオフコンでの開発は無くなっていないのですが案件はかなり少ないです。

オフコンの開発から、WEB系やアプリ系の開発にステップアップする人が多いようです。

COBOLからJava

こちらも例えが古いのですが、COBOLで開発を行っていた人がJavaにステップアップするという事です。

すでにJavaも古いのかもしれませんが、システム関係の求人を見ると、地域的な特徴からか組み込み系のエンジニアの募集が多く、C++やJavaでの人材が求められているようです。

COBOLでプログラムを組んでいた人にとっては、Javaは難易度の高いプログラム言語です。

文系クラスの生徒がいきなり理系に食ら替えするようなものです。

ソフトウェア開発からインフラ構築

これが最もハードルが高いと思うのですが、ソフトウェア開発をしていた人がインフラ構築にステップアップするものです。

やはりステップアップというとイメージが異なりますが、新しい分野に挑戦するという意味でステップアップと表現しています。

ソフトウェア開発でプログラムを組んでいた人が、ネットワークやインフラ構築に携わるのは、かなり大変な事です。

私も詳しくないので、あまり偉そうな事は言えないのですが、ハードウェアの組み合わせや運用管理ソフトの設定などは専門知識が必要です。

想定利用者数などを上回った時の処理などは、難しいですね。

最近、新型コロナの感染者数が気になり、夜に地方自治体のホームページを確認するのですが、いつもサーバーがダウンしています。

これなどは、想定利用者数を大きく上回ったアクセスが発生しているのでしょうね。

ECサイトだと機会損失が発生してしまうので、致命的です。

 

役職としてのステップアップ

役職としてのステップアップ

IT業界であっても会社に勤めていれば、社内での役職が存在します。

例えば、主任→係長→課長→部長、みたいな感じです。

私が以前勤めていたシステム開発会社では、PGの間は一般社員か主任で、SEになると係長や課長といった具合で、職種と役職が連動していました。

中途採用だと、入社していきなり課長とかありました。

ただ、課長という肩書でも、社員が5人ぐらいの会社だったので、課がある訳でもなく、社長の次に偉い人、ぐらいのイメージでした。

大きな会社になると、職種と役職が連動していない事の方が多いですね。

社内での役職と、プロジェクトでの役割が異なります。

 

企業体としてのステップアップ

企業体としてのステップアップ

IT業界には元請けと下請けという建設業界に似た構造があります。

独立系の開発会社も増えてきましたが、大規模なシステム構築となると、大手SIerが中心となって開発するプロジェクトは無くなりません。

下請けのシステム開発企業よりも元請けの大手SIerの方が年収も高くなります。

大手SIerからベンチャー企業に転職する人も多いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事