ブログ
スポンサーリンク

先日、私が運営する別のサイトでページRPMが2000円を超えたと紹介しました。

このサイトですが、3月15日から21日までの1週間を通してもRPMが2000円を超えていたので、詳細はお見せできませんが、データを公開したいと思います。

 

ページRPM2000円サイトのデータ公開(アナリティクス編)

RPM2000円サイトの全データ公開(アナリティクス編)

グーグルさんの規約上、詳細なデータを公開してはいけないという事なので、ボカシだらけになってしまいますが、アナリティクスのスクリーンショットを公開していきます。

RPM2000円サイトのユーザー(推移)

RPM2000円サイトのユーザー(推移)

3月15日から21日までのユーザー数は約5000です。

お見せしたかったのは、3月16日(月)に突然増えている事です。

それまで、1日に100PVぐらいのアクセスだったのが16日に急増しているのがわかります。

週の後半には落ち着きましたが、それでも普段に比べると多くのユーザーが訪れています。

RPM2000円サイトのユーザー(デバイスカテゴリ別)

RPM2000円サイトのユーザー(デバイスカテゴリ別)

このサイトに訪れるユーザーの多くはスマホなどのモバイルデバイスですが、パソコンユーザーも多いです。

私が運用する他のサイトだと、ほぼ9割ぐらいはモバイルユーザーなのでパソコンユーザーの割合が多かったように思います。

ここから推測すると、割と高齢な方が訪れてくれたのではないかと考えています。

RPM2000円サイトのユーザー(デフォルトチャネルグループ)

RPM2000円サイトのユーザー(デフォルトチャネルグループ)

このサイトに訪れてくれたユーザーの多くは検索サイトから誘導されていました。

ツイッターで情報発信もしているのですが、それよりもグーグルなどの検索サイトの方が強かったようです。

サーチコンソールの画面を確認すると、検索ワードの順位は5位ぐらいだったようです。

確かに1ページ目には表示されていますが、1位という訳ではありませんでした。

 

ページRPM2000円サイトのデータ公開(アドセンス編)

ページRPM2000円サイトのデータ公開(アドセンス編)

こちらもボカシばかりになりますが、3月15日から21日までのアドセンスのスクリーンショットです。

他のサイトも一緒に表示されていますが、比較するのにちょうど良いかと思います。

画像加工が下手っぴで見にくくて申し訳ございません。

RPM2000円サイトの見積もり収益額

RPM2000円サイトの見積もり収益額

サイト別の収益では、約1万数千円です。

それほど、収益が上がっている訳ではありません。

RPM2000円サイトのページビュー

RPM2000円サイトのページビュー

ページビューは上から2段目のグラフです。

他にもっとアクセスされているサイトがありましたが、収益では断トツでした。

RPM2000円サイトのページCTR

RPM2000円サイトのページCTR

ページ毎のクリック率は、7%近くありました。

以前書いた記事のように普段の約3倍となっています。

RPM2000円サイトのクリック単価

RPM2000円サイトのクリック単価

クリック単価はいつもより少し高いかな?という程度で、あまり大きく変わっていません。

RPM2000円サイトのページRPM

RPM2000円サイトのページRPM

結果として、このサイトのページRPMは2000円を超えることになりました。

他のサイトがいつもよりも低い200円前後だったので、10倍近い差がついています。

さすがに今日はその勢いも落ち着き、ページRPMも下がっていますが、1000円ぐらいあるので、高収益には違いありません。

 

クリック率が高い理由は何?

クリック率が高い理由は何?

RPM2000円のサイトですが、単価はそれほど高くないのに、クリック率が高いのが気になります。

同じページに、VODのアフィリ広告も貼ってあるのですが、そちらのクリック率はいつもと同じぐらいです。

考えられるのは、desktopユーザーが多いという事ぐらいです。

アナリティクスで確認しても、ブラウザ別では、Chromeがトップで3割以上となっています。

私が運営する他のサイトだとトップはSfariで6割以上の訪問者が利用しています。

同じサイトでも、3月1日から14日までは、Safariがトップでした。

この違いがクリック率の違いに出たと考えざるを得ません。

ChromeとSafariのどちらも、スマホ用もあればパソコン用もあるのですが、RPMが2000円になったサイトでは、Chrome利用者の方がクリックしてくれたようです。

 

私の経験が誰かの役に立つ?

私の経験が誰かの役に立つ?

サイトのURLなどは公開できないので、何の参考にもならないかも知れませんが、もしかしたらここまでの情報で役に立つ人もいるのかも知れないと思い、データを公開しました。

私が見ても役に立ちませんが、こういった経験を知りたいという人もいるのではないかと考えています。

このサイトで情報発信をするようになってから、今まで無駄だと思っていた自分の経験が、実は価値のあるモノだったのではないかと考えるようになりました。

私には無理なのですが、この記事を読んで、何かの役に立てる事ができる人が世の中にいるのかも知れないと思っています。

もっとキレイにまとめる事ができるようになった時は、何か違う形で情報提供できるようになりたいと考えています。

スポンサーリンク
おすすめの記事