恋です!第4話を見て感じたこと!障害者の雇用について!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

水曜日に放送されているドラマ「恋です!」を毎週楽しみにしています。

今週は主人公のユキコがバーガーショップでアルバイトを始めるという話です。

弱視の方が働く場所としてバーガーショップの厨房は危険が多いのではないかと思いましたが、お店の人たちにも受け入れられて良かったですね。

ドラマの感想も含めて、障害者の雇用について個人的な考えを述べたいと思います。

 

スポンサーリンク

障害者に対するイメージ

障害者というと祖父を思い出します。

祖父は仕事中のケガで身体障害者になりました。

山仕事をしていて指を何本か失っていました。

その後、工場で働いていたそうですが、空襲にあい体中に傷痕が残っていました。

それが原因かどうかはわかりませんが、私の記憶がある時には、すでに働いていませんでした。

50歳ぐらいだったと思います。

今の私と変わらない年齢でしたが、波平さんと同じようにおじいさんでした。

ちなみに波平さんって54歳なんですよね。

あと数年で、波平さんを追い越してしまうかと思うと、感慨深いです。

障害者というと祖父のイメージが強いので、普段の生活は普通だけど、ときどき不自由なことがある、ぐらいにしか考えていませんでした。

障害の程度によっては、周りの介助が必要だったりするのだと思いますが、人それぞれなので一括りで考えることではありません。

程度の違いがあるだけなので、健常者との境界はどこなんだろうと考え始めると、区別するのも変なんじゃないかと思います。

「恋です!」の第1話で描かれていましたが、弱視の方にとっては、白杖を使うか使わないかが、その境界なのかも知れませんね。

じゃあ、高齢者も障害者なのか?と考えてしまいます。

年をとれば、視力も衰えます。

耳も遠くなるし、動きもゆっくりになります。

誰でも年をとります。

程度の差があるかも知れませんが、同じなんじゃないかぁ、と思います。

 

その時になってみないとわからない事

ある大企業の本社に常駐して仕事をしていた時のことです。

避難訓練があり、フロアで負傷した人をエレベーターに乗せて救出することになりました。

避難訓練でエレベーターを使うのもどうかと思ったのですが、やってみて多くの人が気づきました。

エレベーターにストレッチャーが入らない。

そうなんです。

救急車まで負傷者を運ぶストレッチャーって、普通のエレベーターに乗らないんですよね。

担架でも、人を寝かしたままだと無理でした。

病院のエレベーターって、ちょっと大きめですよね。

病人を寝たまま運ぶには、大きいエレベーターが必要です。

考えているようで見落としていることって、たくさんあるんですよね。

リクナビNEXTに登録して社内SEの求人情報を確認する

 

障害者の雇用について

「恋です!」では、店長がユキコを採用した理由を「新しい風」と表現していました。

最初は不服に思っていた店員たちも、ユキコの頑張りを認めていきます。

ある店員は、スイッチの場所をわかりやすくするために、マグネットを目印にします。

マグネットでは動いてしまうので、微妙かなぁと思ったのですが、良いアイデアです。

ユニバーサルデザインですよね。

そもそも、あのバーガーショップの厨房って、機能的に配置されていないように感じます。

ポテトのフライヤーって、もっとレジに近い場所にあるものじゃないんですか?

ポテトを取りに行くのに、厨房の一番奥まで行かなければいけないのって、無理がありますね。

それは置いておいて、障害者を雇用することによって、それまでは気が付かなかったことに気づける可能性は高いです。

動線を見直したり、危険な場所を確認したりできます。

お店であれば、お客様が健常者ばかりとは限りません。

どんな人でも利用しやすいお店であれば、それはその店の特徴になります。

障害者だからとマイナス面ばかり考えるのではなく、プラス面も考えると多くの雇用につながるのでしょうね。

「恋です!」の見逃し配信は、TVerやGYAOで視聴できます。

また、Huluでは第1話から最新話まで視聴できます。

字幕ガイドや解説放送版も配信されていて、より多くの人が楽しめる動画になっています。

 

高齢者の雇用について

平均寿命も延びていますし、年金財政も逼迫しているので、そろそろ定年を廃止して、高齢者の雇用も活発にして欲しいです。

働ける人だけでいいんです。

自分で定年を決めれば良いだけだと思います。

いまだに60歳定年の会社があるんですが、そういった会社が52歳を採用しようとは思いませんよね。

定年が無ければ、あと何年働けるか考えませんが、定年があると「残り何年」という感じになります。

老後2000万円問題もあるので、まだまだ働こうと思っていますが、働く場所があるのかどうかが問題です。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事