転職
スポンサーリンク

新しいIT技術が開発されると、それに応じた職種が生まれてきます。

会社の基幹システムがWEB化されると、フロント部分を担当するWEBデザイナー、WEBエンジニア、WEBディレクター、等の職種が生まれてきました。

バックエンドを担当するシステムエンジニア、プログラマも存在します。

実際にシステムを稼働させるには、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラエンジニア、などの職種の人も必要になります。

IT業界における職種や役割について紹介したいと思います。

 

IT業界の職種とヒエラルキー

ITの仕事というとプログラマをイメージする人が多いと思いますが、人数的に一番多いのはシステムエンジニアかも知れません。

本質的に職種に応じて、それぞれ役割があるだけなのですが、不思議と序列が付いてしまいます。

プログラマよりシステムエンジニアの方が立場が上だったり、システムエンジニアよりプロジェクトマネージャーが上だったりします。

職種と、会社での役職がリンクしている場合が多いので序列になってしまいますが、システムエンジニアとプログラマは役割が違うだけで、どちらが偉いというのは無いと思っています。

ただ、新人はプログラマから仕事を始め、経験を積んでシステムエンジニアになるというキャリアパスがあります。

しかし、仕事を受注する時は、プログラマよりもシステムエンジニアの方が単価が高いので、ひとりでも多くシステムエンジニアとして派遣したいという経営判断が入ってきます。

同じシステムエンジニアの仕事をしていても、発注元企業のシステムエンジニアと、受注企業のシステムエンジニアでは上下関係ができてきます。

IT業界は、典型的な多重構造なので、下請け、孫請け、ひ孫請け、と仕事が上流から下流に流れていきます。

元請け企業が働き方改革で定時退社したとして、下請け企業も同じとは限りません。

転職する時は、元請け企業なのか下請け企業なのか、受託開発なのか自社開発なのか、よく調べる必要があります。

 

システムエンジニア(SE)とプログラマ(PG)の違い

システムエンジニア(SE)とプログラマ(PG)の違い

システムエンジニア(SE)は、システムの開発や設計を行う人です。

プログラマ(PG)はSEが設計した仕様書に基づいてプログラムを作る人です。

以前は分業がハッキリしていました。

システムはプログラムの集まりで、JCLを使って連携させていました。

プログラムは、基本的に以下の構成で出来ていました。

入力 ⇒ 処理 ⇒ 出力

オフコンの時代です。

入力と出力が切り離されていたのですが、WindowsなどGUIベースのシステムが主流になってきて切り分けが難しくなってきました。

今でもSEがキッチリ仕様書を書いて、PGがプログラムソースを書く工程で開発しているプロジェクトもありますが、私が関わっているプロジェクトでは、SEもPGも切り分けられていません。

小規模の開発の場合は、フロントエンドもバックエンドも関係なく行われるので、ひとりの開発者が全てを行っています。

基本のパッケージがあり、そこから必要な処理を追加していく形で発展させているので、仕様書でどんな処理が行われるのか確認するのではなく、画面や出力結果を見て、そこに追加して欲しい事を依頼しています。

やりとりのほとんどは口頭なので、システムの品質もそれなりになります。

大手企業や銀行などのシステムだと、こんな開発手法は使えないでしょうね。

 

プロジェクトマネージャー(PM)とコンサルタントの違い

プロジェクトマネージャー(PM)とコンサルタントの違い

大規模なシステム開発になると、SEやPGをまとめる立場としてプロジェクトマネージャー(PM)という人が出てきます。

PMはプロジェクト全体の進捗を管理したり、顧客企業との折衝を行ったりします。

顧客企業側にも開発企業側にもPMがいて、お互いに協力しあいながらプロジェクトを進めていく場合もあります。

一方、コンサルタントという人もプロジェクトにアサインされる事があります。

多くの場合、コンサルタントは、システム開発というようりも業務改善のサポートが役割なのですが、業務改善としてシステム開発が絡んでくる事が多いため、プロジェクトにアサインされます。

システムコンサルタントは、ビジネスの業務課題を解決するためのソリューションとしてシステムを提案します。

ERPの導入などでは、導入手法のテンプレートを持ち込んでくるので、現場でヒアリングしたり、結果を検証したりとSEのような事も行います。

外資系のコンサルティング会社は大手企業からの元請け企業になる事が多く、そういったプロジェクトはコンサルタント主導で行われます。

 

IT転職でキャリアアップするには?

IT転職でキャリアアップするには?

中小企業のシステム開発だと、大手のSIerが出てくる事は少ないと思いますが、大企業のシステム開発には、NTTデータやIBMといった大手SIerが元請け企業として仕事を受注します。

IT業界と建設業界は似たような構造になっていて、大企業が元請けになり、下請け企業に仕事を回しています。

そのため、元請け企業の社員は新入社員の頃からPMとしてプロジェクトに参加する事が多く、下請け企業の社員はいつまでたってもプログラマーという事も珍しくありません。

もし、あなたがプログラマーを飛び越えて、いきなりIT業界で仕事をしているとしたらこの本をオススメします。
⇒ プログラマーとお仕事をするということ

プログラミングを勉強して、フリーエンジニアとして独立したいと思っている人は、元請け企業に就職しても難しいかも知れませんね。

私が所属していた事がある上場企業は、新入社員がプロジェクト管理の仕事ばかりするため、開発力が著しく低下してしまい、下請け企業からないがしろにされるようになったため、新入社員にプログラミング研修をさせるようになりました。

しかし、開発コストを考えると、自社の社員にプログラミングさせるよりも外注化した方が効率的なため、現場で開発経験が積めず、IT企業なのにプログラミングできない社員ばかり増えていました。

私が退職した後、どうなったのか知りませんが、IT業界と言っても規模や仕事の内容は様々なので、自分のキャリアをどうしていきたいのかよく考えて、転職先を選択したいですね。

キャリアップに失敗すると、こんな事になるかも知れません。

スポンサーリンク
おすすめの記事