clubhouse(クラブハウス)の魅力とは?ポッドキャストとの違い!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

転職できなかった52歳社内SEのおぐです。

android版のアプリが使えるようになったclubhouse(クラブハウス)ですが、今ひとつ使い切れていません。

いつも聞いているポッドキャストでおススメされていたので使い始めたのですが、場の雰囲気に慣れないこともあり、クラブハウスの魅力を感じ切れていないように思います。

クラブハウスを使ってみた感想をお知らせします。

 

スポンサーリンク

clubhouse(クラブハウス)を使い始めたきっかけ

朝と夕方、通勤の時はポッドキャストを聞いています。

本田晃一さんと藤井あやさんの「世界一ゆる~い幸せの帝王学(せかゆる)」です。

スピリチュアルな感じではないのですが、本田晃一さんは竹田和平さんのお弟子さんということで、いつも幸せになる根本的なことを話してみえます。

以前から、斎藤一人さんや小林正観さんの話が好きで、本を読んだり、講演会を聞きに行ったり、音声データをダウンロードしたりしていました。

他にコーチングや心理学のセミナーにも参加したりしていたのですが、「せかゆる」は、それらと同じような雰囲気があり、いつも聞いていました。

その「せかゆる」に、準レギュラーのような感じで出演しているのが武田双雲さんです。

武田双雲さんは本田晃一さんと仲よしのようで、お二人の会話は、とても楽しそうな雰囲気にあふれています。

その武田双雲さんがクラブハウスにどっぷりハマっているということでした。

毎日のように、どこかのルームに参加しているということだったので、クラブハウスを聞いてみようかと考えました。

 

clubhouse(クラブハウス)の魅力とは?

武田双雲さんの言葉に惹かれてクラブハウスを聞くようになったのですが、ルームに参加してみると圧倒的に女性が多くて浮いた感じがしました。

女性が多いというだけでなく、話の内容が仲間ウケするようなモノが多く、笑いが起きても、何がツボだったのか置いてかれた感じがします。

それなりに聞き続けていないと楽しめないのかも知れません。

仲間感というか、連帯感みたいなものが必要なんでしょうね。

オールナイトニッポンを聞いていた頃も、聞き続けているから楽しめたネタというのがいくつもあって、それと同じような感じかもしれません。

ただ、ラジオよりも少ないオーディエンスに向けての配信なので、初心者には、より疎外感を感じます。

クラブハウスは、あくまでもSNSなので、つながりのある人たちが交流する場所なんでしょうね。

普段からおしゃべりするような人たちが、たまたまネットで井戸端会議しているような感じで、オーディエンスは聞き耳をたてて、それを聞いている感じです。

 

clubhouse(クラブハウス)とポッドキャストの違い

クラブハウスを楽しんでいる人たちって、会話がエンターテイメントになる人たちなんだろうなぁ、と思います。

だからかもしれませんが、女性の参加者が多いと感じました。

コーチングのセミナーに行っても、心理学のセミナーに行っても、女性の方が多いです。

小林正観さんの講演会に参加した時も、女性7割、男性3割ぐらいでした。

私のように会話をツールとして捉えている人には、クラブハウスを楽しむのは難しいように思います。

私はクラブハウスよりもオーディオブックの方が楽しいと感じます。

クラブハウスでも、落語やラジオドラマのようなものがあれば面白いと思うかもしれませんが、それだとクラブハウスではありませんね。

好きな作家さんのインタビューだと聞くかもしれません。

ただ、いつ始まるのかもわからないクラブハウスなので、インタビューしていたのがわかった時には、終わっているかも知れません。

根本的な使い方が間違っているのだろうか?

ポッドキャストと違って、クラブハウスは、その時だけを楽しむメディアになっています。

そのため、録音したりするのは禁止だし、ルームで話題になったことは他言無用になっています。

ポッドキャストやオーディオブックと、クラブハウスでは楽しみ方が全く違います。

 

clubhouse(クラブハウス)のデータ通信速度

クラブハウスをどうして好きになれない理由があります。

それは、アプリが使用するデータ通信速度が速いということです。

かなり高速で安定したネット回線が要求されます。

私は格安SIMを使っているので、外出先では使えません。

自宅では、ひかり回線を使っているのですが、夕方などの混む時間帯だと「Poor Connection」と表示されて、音声が聞きにくくなります。

クラブハウスでは、多数のスピーカーの発言をリアルタイムに近い状態でオーディエンスが聞けるように、様々な技術が駆使されています。

ZoomやteamsでWEB会議していると、音声が微妙にズレたりして発言が被ったりしますが、クラブハウスでは、そこまで違和感を感じません。

逆に言えば、それだけ高速で安定しているネットワークを必要としている訳です。

ポッドキャストやオーディオブックであれば、最悪、音声データをダウンロードしていれば、視聴に困りません。

クラブハウスはリアルタイムでのおしゃべりなだけに、データ通信速度に左右されるのでしょうね。

ちなみに、格安SIMでもradikoは聞けるので、クラブハウスでも聞くだけユーザーには、もっと遅い回線でも聞きやすくできるのではないかと考えています。

そういった技術が開発されると良いですね。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事