毎月28万円もらえても働きますか?ベーシックインカムが実現されたらうれしいこと!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

転職できなかった52歳社内SEのおぐです。

私がいつも聞いているポッドキャストでは、ベーシックインカムの導入を歓迎する人が多いです。

私もベーシックインカム賛成なんですが、あまり多くの人の賛同は得られていないようです。

一律で毎月お金をもらえるのに、何が嫌なんでしょうね?

 

スポンサーリンク

毎月28万円もらえても働きますか?

誰が試算したのかわかりませんが、年金や生活保護などを廃止して、社会保障をベーシックインカムに一本化した場合、ひとり7万円を毎月支給することが可能ということです。

国民全員にひとり7万円なので、うちみたいな4人家族だと、毎月28万円もらえることになります。

これは、ありがたいですね。

働かなくても毎月28万円の収入が確約されるのであれば、安心して生活できます。

今みたいに明日の仕事さえもどうなるのかわからず不安な毎日を送っている人たちには朗報ですよね。

じゃあ、毎月28万円もらえるのであれば、働かなくなるのかと聞かれると、そんなことはありません。

たぶん、仕事は続けますね。

今の仕事を続けるかどうかはわかりませんが、何らかの仕事は続けると思います。

そうしないと、時間がもったいない。

単に生きているだけでは楽しくありません。

趣味があれば、それをするかも知れませんが、特にこれといった趣味がないので、仕事が楽しみのひとつになっています。

生活のために働く必要がなければ、どんな仕事を選ぶのか、楽しみですね。

やりがいだけで選ぶ仕事が何なのか、気になります。

 

ベーシックインカムが実現されたらうれしいこと

給料

もしベーシックインカムが実現されたら、消費活動は活発になるでしょうね。

毎月なので、安心してお金が使えます。

1度きりの給付金だと、やっぱり不安になるので、不足している分は使うかもしれませんが、余裕があれば貯金してしまいますよね。

最低限の生活が保障されて、安心できれば、子どもが増えると思います。

生活が苦しくて、子どもまで考えられない、という家庭はたくさんあるのではないでしょうか。

それこそ、家賃の安い地方都市なら、毎月28万円で働かなくても生活できます。

夫婦で子育てに集中することができます。

子どもが増えて、人口が増加すれば、国力は増していきます。

良い事ばかりではありませんか。

今すぐベーシックインカムを実現して欲しいものです。

 

ベーシックインカムが実現されたら困る人

10万円の定額給付金でさえ出し渋るのは財務大臣なので、政治家や官僚の人たちはベーシックインカムを実現したくないでしょうね。

特に役人は、自分たちの権限がとられてしまうので、抵抗すると思います。

ベーシックインカムは一律なので、役人が支給するかしないか判断する必要が無くなります。

生活保護のような権限は役人にありません。

制度が複雑になれば、役人の仕事は増えるし、権限を持って偉そうにできます。

ベーシックインカムは役人の仕事を減らして、役所をスリム化するのにも役立ちます。

あと困るのは、今、年金や生活保護を受け取っている人たちですね。

月7万円だと、減らされる人が増えると思います。

その人たちは抵抗するでしょう。

 

単純労働は減っていく

自動運転

50代で転職活動をして感じたのは「仕事を選べない」ということでした。

200社以上にエントリーして、面接まで進んだのは1社だけです。

もちろん、私のスキルや能力が募集企業のニーズに合わなかったのかも知れませんが、多くは年齢で切り捨てられているような気がしています。

面接歓迎でオファーがくる職種のほとんどは「タクシー運転手」でした。

景気に左右されやすい職種ですが、中高年が働く場所としては最後の砦だと思います。

しかし、自動運転技術が発達すれば、無くなってしまうかも知れない職種です。

トラックドライバーにしても、同じように無くなってしまうかも知れません。

私は自動車の運転が苦手なので、応募しませんでしたが、他に選択肢がなければお世話になっていたかも知れません。

そういった、最後の砦ともいえる仕事が、これからどんどん減っていく可能性があります。

それらを代替するのが、ベーシックインカムだと思っています。

無くなる仕事もあれば、新しい仕事も作り出されます。

上手く転換できれば良いのですが、取り残された人たちを手助けするためにもベーシックインカムは必要だと考えます。

ちょうど、世の中が混乱している時なので「そんなの無理」と切り捨てずに、本気で考えて欲しいです。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事