私が投資にむいていないと感じたエピソード3つ!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

転職した52歳社内SEのおぐです。

昨年末に高配当銘柄ということで購入した株式が値上がりしています。

日経平均が下げるなか逆行しているので、なかなか良い読みをしたなぁと思っていました。

しかし、すでに売却済なので偉そうには言えません。

少し上がるとソワソワしてしまい、落ち着きません。

仕事中も株価が気になってしまいます。

株式投資はむいていないのかも知れません。

投資信託の方がいいのでしょうか?

 

ギャンブルのような取引

私が最も投資に向いていないと感じたエピソードはリーマンショックで相場が荒れたときのことです。

当時、オプション取引をしていた私は、1日に100万負けて、次の日に100万勝って、というような取引を繰り返していました。

サーキットブレーカーが発動されるような荒れた相場で冷静な取引などできるはずもなく、ただ単にギャンブルをしていただけでした。

当時、そこそこ動かせるお金を持っていたので、倍になれば嬉しいなぁ、と思っていたのですが、証券口座の残高はほとんどゼロになりました。

まぁ、マイナスにならなかっただけ儲けものですね。

別に積立の投資信託があったのですが、それには手を付けずに温存しておきました。

証券口座には200万ほどあったのですが、1週間ぐらいで無くなりました。

冷静な判断ができなくなった時点で、投資には向いていないと気づくべきでした。

 

儲かると怖くなる

リーマンショックからかなり時間が経過し、転職して資金的に余裕がでそうな雰囲気になってきたので、少額投資をはじめてみようと思いました。

LINE証券に口座を作り、単元未満株に挑戦してみることにしました。

海運株が高配当なので、どうかなぁ、と思い、昨年末に1株買い、今年になって1株追加しました。

昨年末8000円台だった株価が今年になって9000円台になり、2月の終わりには増配が発表されて1万円を超えました。

高配当株なので、配当狙いで保有しつづける気だったのですが、10%を超える高配当が気になってきて、すぐに業績悪化で株価が下がるんじゃないかと弱気になってしまいました。

株価が気になって仕事中に影響しそうだったので、利益があるうちに売却してしまいました。

にもかかわらず、売却したあとも上昇し続けています。

それはそれで損した気分になるんですよね。

 

2択に弱い

戦略

海運株を売ったお金で投資信託を買いました。

買う時、検討したのはコモディティとS&P500です。

もうちょっと時間が経って、収入が安定してきたら積立NISAでS&P500を買うつもりだったので、S&P500を買いました。

そうしたところ、S&P500を含め、株や債権の投資信託が軒並み安くなっています。

この1週間で5%ぐらい評価額が下がってしまいまいました。

逆にコモディティは上昇しているんですよね。

2択に弱いです。

たしかに今は商品相場ですね。

金にしても原油にしても上がる要素ばかりです。

 

貧乏人のマインドセット

投資の上手い下手はマインドだと思います。

商売も経営も同じだと思います。

負ける人は負ける考え方をしています。

親の資産を引き継いでお金持ちになったとしても貧乏人のマインドセットだと貧乏になってしまいますね。

私が高収入を維持できなかったのは、マインドセットが理由だと思っています。

転職して年収アップしましたが、マインドセットを改めない限り貧乏人のままなんでしょうね。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!

おすすめの記事