50代平凡サラリーマン転職活動の始め方!求人サイト登録前にする事!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

内定した52歳社内SEのおぐです。

50代の平凡なサラリーマンが転職するには高い壁が存在します。

なかなか転職先が決まらないので、勢いで退職してはいけません。

じっくり、長期戦になる覚悟を持って挑みます。

リストラにあい、急に退職が決まってしまう等、思いがけないこともあるかも知れません。

50代になって転職するからには、余程の事情があるはずです。

幸せな転職ができるように何から始めれば良いか考えてみます。

 

転職の目的をハッキリさせる

私が転職活動を始めた時は、いきなり転職サイトに登録しました。

それも良いのですが、結果から考えると遠回りでした。

希望する条件に合う求人案件にエントリーするのですが、ことごとく不採用の連絡が届きます。

今から考えれば、不採用になる理由がわかるのですが、当時は闇雲にエントリーし続けるしか方法がわかりませんでした。

私の場合、経済的な事情から転職を決意したのですが、職場を変わることに不安を感じていて、本気で転職しようとしていませんでした。

「がんばってみたけど、無理だった」

妻に転職活動していることを、アピールできれば良いと考えていたのかも知れません。

給料が安い以外に、それまでの会社に不満はありませんでした。

無くは無いのですが、嫌なことは月に1回ぐらいしか起こらないので、我慢の範疇です。

そんな時、「科学的な適職」を読みました。

読んでみて、

「これ、ヤバイな。」

と感じました。

「7つの徳目」のひとつも当てはまらない環境で仕事をしていました。

職場でこじらせていたので、改善できる雰囲気もありませんでした。

できれば、転職先では「やりがいを再構築」して仕事で満足度を高めたいと考えました。

転職を考えている人は、まず「科学的な適職」を読んでください。

何を基準にして仕事を探せば良いか理解できます。

 

経歴や人脈の棚卸

これまでの経歴や人脈の棚卸をしましょう。

今までに転職の経験があれば、それまでの経歴の棚卸ができていると思いますが、50代になって初めての転職だとしたら、学歴を思い出すだけでも大変な作業です。

どんな仕事をしてきたのか、どんな人と関わってきたのか、どんな資格を持っているのか、こんな機会でもなければ振り返りません。

これまで関係のあった人と、今でも付き合いがあれば、そこから転職先を紹介してもらえる可能性もあります。

50代で転職する場合、これまでの人脈に頼った方がスムーズに仕事が見つかると思います。

私の場合、前回の転職で、それまでの関係を断ち切ってしまったので、人脈が全く無くなってしまいました。

年賀状のやりとりぐらい続けていれば、力になってくれる人がいたかも知れません。

 

転職サイトに登録

棚卸した経歴を転職サイトに登録します。

50代の転職は、日々、鮮度が落ちていくことを覚悟しなければいけません。

55歳よりは54歳、53歳よりは52歳、51歳よりは50歳の方が採用されやすいです。

そのためには、最初から理想的な形で、転職サイトにプロフィール登録する必要があります。

何度も同じ会社に応募できないので、サイコーのキラッキラな自己PRを見てもらいましょう。

職務経歴には何ができるのか記載するのですが、転職サイトのプロフィールは応募する会社によって内容を変えることができません。

ただ、相当な文字数で登録できるので、これでもか、というぐらい記載するのが良いと思います。

リクナビNEXTに登録して求人情報を確認する

 

必要な資格や経歴を補っていく

中年

転職活動を始めてからで良いのですが、応募している職種に関係する資格や経歴を追加していきましょう。

私の場合、社内SEで応募していたので、ITパスポート試験を受けました。

情報処理技術者試験は20年ぐらい前に挑戦しているのですが、現在とカテゴリーが異なっています。

それほど難しい試験ではありませんが、最新の資格を転職サイトのプロフィールに登録すると自己PRになると考えました。

継続的に勉強していることをアピールできたと思います。

そして、業務の自動化でRPAツールを使い始めました。

以前から、VBAを使ってエクセルの自動化には取り組んでいたのですが、マイクロソフトのRPAツールが無料で利用できるようになったので、業務に取り入れてみました。

その実績も職務経歴として転職サイトのプロフィールに登録していきました。

RPAやDXのキーワードは、求人企業から注目されやすいようです。

職務経歴を見直した結果、書類選考に通過して面接にすすむ確率が高くなりました。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


おすすめの記事