オークション
スポンサーリンク

メルカリやヤフオクを利用している人は多いと思いますが、お値打ちな商品があった時は注意が必要なようです。


 

メルカリやヤフオク利用者に被害が発生

メルカリやヤフオクで落札した商品がビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店から届いた時は注意が必要です。

後日、paidyから支払いを請求されるかも知れません。




ツイッターで注意喚起されていますが、流れとしては以下の通りです。

・メルカリやヤフオクなどで商品を落札
 ↓
・ビックカメラやヤマダ電機などから商品が届く
 ↓
・おかしいなぁ、と思いながらも商品受取連絡をする(落札金が決済される)
 ↓
・翌月、paidyから請求され、被害に気付く

メルカリやヤフオクなどで商品を落札しているにもかかわらず、個人からではなくビックカメラやヤマダ電機などから商品が届くというのがミソでしょうね。

商品が届いた時点でおかしいと感じ、発送元に確認する人もいるそうです。


メルカリやヤフオクで商品受取連絡する前だったら被害を免れる事ができそうです。

 

paidyって何?

paidyはオンラインショップで手軽に買い物ができるよう、簡単に決済できるサービスです。

支払いは翌月でよく、メールアドレスと携帯電話番号だけで登録できます。

クレジットカードのように本人確認や事前審査がないため、手軽に利用できます。

⇒ https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1225082.html

しかし、注文主が支払いを無視すると、商品の受取人に請求される事になります。

つまり、メルカリやヤフオクなどで決済されて支払いが完了しているにもかかわらず、paidyからも支払いを請求され、二重支払いになる可能性があるようです。

paidyを悪用した被害は以下のとおりです。

paidy悪用

大手家電量販店はネット販売でのpaidy利用を制限しはじめているようですが、被害が拡大する前に何らかの対策が必要でしょう。

paidyを悪用した被害は以前からあったようです。


 

被害に遭わないための対策は?

被害に遭わないためには、面倒でも発送元に確認する事でしょうね。

メルカリやヤフオクなどで落札した商品にもかかわらず、ネット通販から配達されたら、発送元にpaidyで決済されていないか確認すべきです。

納品書が付いていれば、納品書に決済内容が記載されている事もあるので、paidy支払いかどうかを確認しましょう。

Amazonなどのネット通販でもpaidy翌月払いが制限され始めています。

大手であれば返品などにも対応してもらえますが、中小業者だと対応はまちまちだと思うので、落札する時に注意が必要ですね。

メルカリやヤフオクで落札する時に注意する点としては、出品者の評価やこれまでの取引回数など、特にpaidyが、という事でもないですね。

そもそも、メルカリやヤフオクで新品の人気商品が市場価格より安く取引されていれば何かしらワケありのはずです。

ネットショップで販売されている商品がそれよりも安い価格で送られて来たとしたら、明らかに怪しいと思った方が良いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事