副業ユーチューバーが増えて忙しくなる仕事は何?得意分野に特化!

最近、サラリーマンが副業で行っているユーチューブチャンネルの動画を見ることが多いです。

特に読書系ユーチューバーに副業サラリーマンが多いような気がします。

ビジネス書の解説や書評を行えば、仕事に役立つ知識も身について、一石二鳥でしょうね。

しかし、こういった読書系ユーチューバーの動画を見ていると、どれも同じテイストに感じます。

なぜでしょうか?

 

副業ユーチューバーが増えて忙しくなる仕事は何?

副業ユーチューバーが増えて忙しくなる仕事は何?

ビジネス書の解説動画を見ていて、取り上げる本が同じでも、切り口や内容、解説の声はユーチューバー毎に違うのですが、同じテイストの動画が多いのが気になりました。

動画というか、アニメーションのキャラが同じです。

全く同じ動画ではないので、個々に制作しているのは理解できるのですが、アニメのキャラが同じなので、動画部分の制作者が同じなんでしょうね。

動画を制作する業者がいるようです。

サラリーマンの副業ユーチューバーが、動画の制作や編集まで行うと時間がかかりすぎてしまいます。

そこで、企画や台本作成、音声、ぐらいまでは自分でやって、後は外注でお願いしてしまう人が多いようです。

顔バレして良い人なら、撮影まで自分でやって、後の編集をお願いするのだと思いますが、サラリーマンの副業ユーチューバーだと顔バレしたくない人が多いのでしょう。

アニメやスライドを使った動画をよく見かけます。

 

動画制作っていくらぐらいかかる?

動画制作っていくらぐらいかかる?

読書系の動画で人気のサラリーマンYoutuberサラタメさんは、雑誌のインタビューで「編集だけは一本2万円ほどで外注しています」と答えています。

サラタメさんの動画は、こんな感じです。

このクオリティが2万円ほどで制作できるのであれば、みなさん自分で作業せず依頼しますね。

依頼を受ける側で考えても、どれほどの作業量があるのかわかりませんが、1日に1本ぐらいのペースで仕上げれば、月に数十万稼げるぐらいです。

ちなみに、サラタメさんは、こちらの会社でホワイトボードアニメーションを制作してもらっているそうです。
⇒ https://www.licel.jp/movie/

こういったサービスを利用するユーチューバーが増えれば、サービスを提供する会社も増えるでしょうね。

 

アニメーション制作ソフト

アニメーション制作ソフト

サラタメさんの動画で使っているのは、ホワイトボードアニメーションと言われます。

Vyondというクラウドサービスで制作できます。
⇒ https://animedemo.com/

テンプレートがあって、パワポのような操作でアニメーションが制作できます。

体験版もあるので、試してみるのも良いでしょうね。

どおりで、最近、同じようなキャラクターが登場するアニメ動画が増えた訳です。

みなさん、使っているのでしょうね。

ソフトの使い方は、どれほど難しくないようですが、問題はセンスですね。

ホームページでもそうですが、技術的に作る事ができても、どんなクオリティになるのかは別の問題です。

2時間ほどで制作できるようになれば、これはこれで、良い副業ですね。

自分がユーチューバーになるかどうかは別として、アニメーション動画が作れたり、動画の編集が行えるようになると、稼げるスキルになるでしょうね。

 

得意分野に特化する

得意分野に特化する

ユーチューバーだけではありませんが、全ての作業をひとりでこなすのは大変です。

ユーチューバーであれば、ネタの企画から始まって、台本を作り、撮影して、編集しないと動画は作れません。

初期のユーチューバーは全てをひとりでやっている人が多かったようですが、最近は、チームで行っている人が多いと思います。

HIKAKINさんなんかは、自分で編集もしているそうです。

サラリーマンの副業ユーチューバーだと時間もありませんよね。

ノウハウも無ければ、技術も無いと思うので、専門家からアドバイスをもらうのも良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事