紙コップ
スポンサーリンク

セブンイレブンでコーヒーを買う事が多いのですが
新しく青いカップの高級キリマンジャロブレンドが
発売されていたので試してみました。

 

セブンイレブン青いカップのキリマンジャロブレンドを飲んでみた!

いつものホットコーヒーよりも10円高いだけなのに
とても高級な感じの「キリマンジャロブレンド」が飲めるという事で
早速、セブンイレブンで買ってみました。

飲んでみた感想は、

「いつものと同じ?」

機械の故障かと思うぐらい全く同じとしか思えない味と香りでした。

これなら、普通の白いカップのコーヒーで充分と思いました。

普通のコーヒーでも充分おいしいので満足していたし
飲んでみて味の違いに気が付かないぐらいなら
わざわざ高いコーヒー飲む価値が無いと思いました。

しかし、あのコーヒーって、本当にキリマンジャロなんでしょうか?

店員さんが機械に投入するコーヒー豆を間違えたとしか
考えられないくらい、いつものコーヒーでした。

確かにレジで青いカップを受け取ったし、
コーヒーメーカーにも「キリマンジャロ」と
表示されていました。

私の舌が味を判別する能力に欠けていたのだと思います。

 

キリマンジャロブレンドの反応は?

セブンイレブンの公式ツイッターを観る限り、
白いカップのコーヒーは
「甘い香りとスッキリ後味」

青いカップのコーヒーは
「力強い香りとコク」の違いがあるようです。

ツイッターで反応を確かめてみました。

まずは、香りも味も濃くなったと感じた人たちです。




反対にアッサリした、薄くなったと感じた人たちです。


正反対の意見になるように特定の意見を選んだのですが
それほどたくさんのツイートを観たわけでなく
軽く流した感じで、これだけ違う感想が見つかりました。

結局、どっちなんでしょうね?

私と同じ「白いカップと全く一緒」という意見は
見つかりませんでした。

コンビニでコーヒーをよく買いますが、
これまでのコーヒーでもセブンイレブンが
一番味が安定していませんでした。

極端に言ってしまえば、買うたびに味というか
濃さが違っていたと言っても良いくらいです。

特に新しい機械の場合、提供されるコーヒーの量も
大きく異なる事がありました。

コップの半分ぐらいしか出てこなかった時は
さすがに店員に言って、取り換えてもらいましたが
安定的に同じ味にするのは大変なんでしょうね。

体調によって味の感じ方も変わるので
自分の勘違いかも知れませんが、

セブンイレブンに関しては、
これまで通り、白いカップのホットコーヒーを
この先も飲むことになると思います。

白いカップと青カップを同時に購入して
飲み比べてみれば、違いに気づくでしょうか?

 

10円の値段の差でリッチな気分

味の違いに気が付かない私ですが、
10円違うだけでリッチな気分になりました。

何よりも、カップもフタも色が違うので
少し高級な感じします。

ただし、それはセブンイレブン限定ですね。

ファミマやローソンのコーヒーなら
いつも黒いフタだし、

カップもクリスマス仕様になっているので
観た感じがカラフルです。

コーヒーの味もファミマやローソンの方が
少し濃い感じで苦みがあるように感じます。

好き嫌いがあるかも知れませんが、
私はどこのコーヒーでも抵抗なく飲んでしまいます。

コンビニだけでなく、ミスドやマクドも含めて
あちこちの安いコーヒーをよく飲みます。

逆にスタバやコーヒー専門店と言われるような
お店にはあまり行きません。

味の違いがわからないような舌なので
コンビニの100円コーヒーで充分です。

時々、リッチな気分を味わうために、
10円高いコーヒーが飲めれば良いですね。

それだけにセブンイレブンの
キリマンジャロブレンドは残念でなりません。

もう一度、飲んでみようかな?

何度も飲めば、そのうち、違いに気づくでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事