テレワークや在宅勤務に最適な机とイスの選び方!自宅の方が疲れる?
スポンサーリンク

テレワークを始めると、最初に気になるのは仕事以外の事ですよね。

仕事がスムーズに進むのかよりも、オンライン会議で上半身は映るけど、下半身はパジャマでもいいかぁ、とか、背景が映るからカーテンを新しいのにしようか、とか、そんな事ばかり気になります。

オンライン会議のアプリによっては、背景を変えたり、顔を変えたりできるそうです。

顔は仕方ないとしても背景は変えたいですね。

スカイプでテレビ通話する時も、部屋が映り込んでいるのが気になって会話に集中できません。

 

テレワークや在宅勤務に最適な机の選び方

テレワークや在宅勤務に最適な机の選び方

自宅で仕事をする場所って限られませんか?

自分の書斎のある人なら良いですが、自宅に仕事部屋を持っている人なんて、少数派だと思います。

下手すると、ダイニングで妻と向き合ってテレワークしている人が多いかもしれません。

私は、自分のパソコンが触れる場所となると、寝床だけです。

自分のスペースがそこしかないからです。

そうなると、必然的に、机というか、ロータイプのパソコンデスク一択になります。

私が使っているパソコンデスクはコチラです。

パソコンでメール対応や資料を作っているだけなら良いのですが、さすがにオンライン会議を寝床で行うのは難しいですね。

部屋の広さの関係で、イス付のテーブルを置く場所が無いので、仕方ありませんが、ローテーブルはオススメしません。

特に、1日中、在宅で仕事をしていると、腰が辛くなります。

直接、床に座っていると、姿勢が悪くなってきます。

イスに座って作業する方が慣れているためか、腰が楽です。

今後もテレワークが続くようであれば、仕事スペースは確保した方が良いでしょうね。

ひとり暮らしでワンルームであっても、作業用の机とイスはあった方が、仕事の能率が上がります。

テレワークが始まり、しまい込んでいた学習デスクを引っ張りだしてきた、なんて人もいるようです。

仕事をするスペースは大切ですね。

 

テレワークや在宅勤務に最適なイスの選び方

テレワークや在宅勤務に最適なイスの選び方

私は、寝床で作業をしているので、イスを使う事はありませんが、時々、座椅子やバランスボールを使う事があります。

以前、書斎で作業していた時は、机とイスで作業していました。

板の間だったので、机とセットで付いていたキャスター付きのイスが滑って使いにくく、ダイニングテーブルで使っていたどっしりしたイスを使っていました。

絨毯やカーペットであればコロコロ付きでも安定していると思いますが、板の間だと不安定になってしまいます。

キャスターの付いていないイスの方が安定して良かったです。

普段のように、1日に1時間ぐらいの作業であれば、イスにこだわりはありませんが、8時間も9時間も、作業をするテレワークだと安定した座り心地のイスは重要なアイテムです。

机よりもイスの方が大切かもしれません。

アイリスオーヤマの通販サイトにはお手頃なイスがたくさん用意されていました。
⇒ アイリスオーヤマのイス

 

自宅の方が疲れる理由は?

自宅の方が疲れる理由は?

オフィスで仕事をしているよりも、自宅で作業している方が疲れてしまう感じがします。

全く同じ環境ではないので、仕方ないのですが、在宅ワークが続くのは辛いですね。

自宅で作業していると仕事と思われず、買い物を頼まれたり、家事の手伝いを頼まれたりして集中できません。

小さな子供がいると、かまって欲しくて部屋に入ってきます。

犬も散歩に連れて行けとアピールしてきます。

外的な要因はそんな感じですが、とりあえず、腰が辛いです。

ストレッチが良さそうですね。
⇒ 効果的なストレッチができる「中川式ストレッチングベンチ」

家の中にいるので運動不足になってしまいます。

家の中でもできる有酸素運動を見つけました。
⇒ 運動不足・筋力の低下に踏台昇降ボックス「フミッパー」

テレワークに慣れないのか、オンライン飲み会で憂さ晴らしをする人が多いようです。

外で飲むより、家で飲む方が深酒しやすいみたいですが、外出自粛でストレスが溜まっている人も多いのでしょうね。

通勤が無くなって仕事がはかどるという人も多いようですが、これまでとは違った環境での仕事に慣れるまで時間がかかりそうです。

慣れた頃に緊急事態宣言が解除されて、通勤が始まるのでしょうか?

緊急事態宣言が解除されても、テレワークは続けた方が良いと思いますが、仕事によっては難しい事もあるでしょうね。

 

オンライン授業

オンライン授業

仕事だけでなく、子供達もオンライン授業に慣れるまで時間がかかりそうですね。

学校によって、やり方に違いがあるようですが、上手くいっている方が少ないみたいです。

このままネットネイティブな子供たちが増えてくると、5Gの時代が楽しみですね。

オンライン授業だったら、高校も大学もひとつにしてしまえば良いのに、と考えてしまいます。

校舎が無くなれば、学校ごとの特色をどうやって出すのか難しいですよね。

全ての学校でオンラインの単位制にしてしまえば、学校名でもランキングは無くなります。

9月入学や新学年について話題になっていますが、同時に通年採用を始めれば良いのではないでしょうか?

日本は、終身雇用で新卒の一括採用が一般的ですが、そのために大切な卒業前の時間を就職活動に費やさなければいけません。

9月入学の5月卒業にしてしまって、6月から就職活動や入学試験を行えば良いと考えています。

同一労働同一賃金の動きもあるので、まとめて改革してしまえば良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事