転職
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染拡大の影響は転職活動にも及んでいると思いますが、半数以上の企業が採用を継続しているというアンケート結果も出ているようです。

 

新型コロナの影響でIT業界への転職希望者が増えている

新型コロナの影響でIT業界への転職希望者が増えている

IT業界への転職希望者が増えているそうです。

理由は、「テレワークに適応している業界だから」「テレワークの環境整備が進んでいるイメージがあるから」という意見が挙がったようです。

今後しばらくの間、就職活動において「テレワーク」は重要なキーワードになりそうですね。

ちなみに全国のテレワーク実施率は27.9%ということです。
出典:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2004/17/news082.html

正社員の1/4はテレワークで働いているんですね。

東京都に限定すると49.1%と約半数でテレワークが実施されていそうです。

私の勤める会社では、テレワークと無関係なんですが、想像していたよりもテレワークが浸透しているんですね。

冒頭に紹介したエン・ジャパンのアンケートでも大企業の採用活動が停滞しているだろうということで、ベンチャー企業や中堅中小企業が優秀な人材を得ようと活動をしているのが伺えます。

企業規模が小さな会社は、大企業に比べて働き方も柔軟に対応できると思います。

大企業が、新型コロナウイルス感染拡大防止の間だけテレワークを推進しても、その後の働き方に影響するのか不透明です。

テレワークや時差出勤など、柔軟な働き方を提案できる企業に応募が集まりそうですね。

IT企業に転職するならコチラの転職サービスがオススメです。

 

自宅よりもオフィスの方が働きやすい

自宅よりもオフィスの方が働きやすい

自宅で仕事をする事を考えていないので、明日から在宅勤務と言われると困ります。

以前は、自分の部屋があって、そこでパソコンを触ったり、読書をしたりしていましたが、子供が大きくなり、受験勉強用に静かな部屋が欲しいと言われ明け渡す事になりました。

今は寝床でパソコンを操作しています。

この環境で、オンライン会議なんてしたら、恥ずかしいですね。

仕事の必要な資料も会社のパソコンに保存されていて持ち出し厳禁です。

このネットワーク社会なのに、セキュリティの壁でオフィスワークを強要されるのは不思議ですね。

そんなに働いていないのでテレワークで成果主義になると困ります。

ネットでこんな記事を見つけました。

ああ、私の事ですね。

ノートPCは配布されていませんが、家に持って帰っても使わないですね。

私の上司は、会社からタブレットを配布されていますが、家でwifiに接続できないみたいで、会社に置きっぱなしになっています。

 

ウイルスによる外出自粛は定期的におこる

ウイルスによる外出自粛は定期的におこる

私の記憶に残っているだけでも、SARSにMERS、エボラ出血熱、新型インフルエンザ、とウイルスが話題になりました。

特に新型インフルエンザの時は、今と同じ様に店頭からマスクが無くなり、会社に行くと体温を測って消毒してから入室していました。

最初に騒がれたほど大変な事にならないというのが、徐々にわかってきて、沈静化しました。

しかし、あの時も、熱があるだけで出社しないように言われたり、家族に感染者がいると自宅待機するように言われたりしました。

新型インフルエンザは、症状が出てから感染するという事だったので、まだわかりやすかったのですが、新型コロナは症状が無くても感染するというので、怖いですね。

こんな感じで定期的に新型のウイルスが感染爆発するような事が、これからも起こるのでは無いでしょうか?

新型コロナが沈静化しても、10年以内に同じレベルのウイルスが発生すると、いよいよ働き方も考えなくてはいけないでしょうね。

巣ごもり生活が定期的に起こるのであれば、人の多い都会で生活するのも大変です。

長い期間、地方分権が話題になっていましたが、一気に解決しそうです。

5Gサービスが始まっていますが、高速通信でライブもスポーツ観戦も場所の概念が無くなってきます。

エンターテインメントで人を集める方法も、人数ではなく、アクセス数になってくるかも知れませんね。

 

今、転職するのは良いのか?

今、転職するのは良いのか?

これから倒産する会社がいくつも出てくると思いますが、今、転職するのは良いのでしょうか?

このタイミングで採用活動している会社は、この先、伸びる可能性が高いと考える事もできますが、準備もせずに無闇に転職活動するのはやめておいた方が良いと思います。

次の就職先が決まってから、今の会社は辞めるようにしましょう。

大きく世の中が変わる時なので、時流に乗れれば飛躍できます。

逆に今のままで生き残れるのか、よく見極める必要もあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事