思っていた軽症と違う!新型コロナの誤解!マッチングサイトで!
スポンサーリンク

日本では新型コロナウイルスに感染しても、重症化する人が少なく、死者数も他国に比べて少ないと言われていますが、軽症だからと言って甘く見てはいけないと思います。

思っていた軽症と違う

思っていた軽症と違う

軽症と聞くと、風邪でゴホゴホしているとか、鼻水を垂らしている程度のイメージですが、そんなに甘くないのが現実です。

中等症になると、鼻や口から酸素を投与するレベルなので、そこまでいかなければ軽症です。

熱があっても入院するレベルでなければ軽症です。

インフルエンザで高熱になった時に関節が痛くなったり、起き上がれなくなったりしますが、酸素吸入しない状態であれば軽症です。

インフルエンザだったら薬があるので、数日で熱は下がります。

しかし、新型コロナウイルスは治療法が確立されていないので、いつになったら熱が下がるのかわかりません。

症状も様々です。

最後にインフルエンザにかかったのは、5年ぐらい前のことですが、熱が上がっても薬を飲めば、次の日には楽になっていました。

人にうつすといけないという事で、1週間は会社を休んでいましたが、家にいてもテレビを見るぐらいしかやる事がなく、とても暇だった記憶があります。

軽症だから大丈夫だろうと思っていると「思っていた軽症と違う」結果になりかねません。

インフルエンザで薬も無く、熱が続くことを想像したら、ちょっと怖いですね。

それで軽症です。

もし重症化したら、どうなるのか想像もできません。

必要な人たちをつなぐマッチングサイト

必要な人たちをつなぐマッチングサイト

医療現場で働く人たちの負担が重くなっています。

医療崩壊するのでは無いかと心配しています。

日本で新型コロナウイルスに感染して死亡者が少ないのは、医療体制が持ちこたえているのも理由ではないかと思います。

感染者数が爆発的に増えると、病院のベッドの空きも無くなり、重症化した人も必要な治療がうけられなくなります。

そうなると亡くなる人も増えてしまうのではないでしょうか?

病院で働く医師はもちろんのこと、看護師や薬剤師、臨床検査技師など、医療従事者の人たちが持ちこたえてもらわないと困ってしまいます。

一方で、飲食店で働く人たちは、店を閉めざるをえず、働きたくても働く事ができません。

全ての飲食店が救える訳ではないと思いますが、国がお金を出して、医療従事者やその家族の食事提供を、飲食店の人たちの任せてしまえば良いのではないでしょうか?

医療現場で満足な食事ができないという報道も聞こえてきます。

働いている人たちが栄養不足でダウンしてしまっては、大変な事になります。

せめて食事の負担ぐらい、すぐに行動できる事なので、何とかならないでしょうか?

医師の転職事情

医師の転職事情

そもそもお医者さんって足りているのでしょうか?

首都圏に集中してしまっているというニュースを見た事があります。

東京に住んでいれば必要な治療が受けられるのに、地方に住んでいると治療が受けられないというようなニュースでした。

月に1回、診察を受けに東京に通っているけど、新型コロナウイルスの影響で自粛しなければいけないのか悩んでいるようです。

治療のためなら東京に行くのも必要な行動だと思いますが、今は感染しないか、という意味で東京に行くのは怖いですね。

東京だけでなく、移動する事にリスクがあると考えてしまいます。

地方でも必要な治療を受けたい人がたくさんいますが、集まりやすい場所となると東京なんでしょうね。

反面、医師のいない自治体もあります。

高齢者ばかりの地域では、医師が必要でも経営的に厳しいかも知れません。

人が集まる東京であれば、患者さんも多いでしょうね。

医師の収入も高くなるでしょう。

良い条件で転職するなら、転職支援サービスを利用すると良いでしょう。

⇒ 登録1分!医師転職ならエムスリーキャリア

知り合いのお子さんは、地域枠で地元大学の医学部に入学したそうなので、就職活動が無いそうです。

希望する病院を提出するだけという事ですが、一般の人たちのような転職活動が医師にあるのか未知の世界ですね。

医療制度の見直し

医療制度の見直し

新型インフルエンザがあってから約10年経って、新型コロナウイルスです。

世界中を見れば、SARSやMARS、エボラ出血熱などの感染症が発生しています。

医療費の削減はして欲しいのですが、何かあった時の医療体制は確保して欲しいですね。

勝手な言い分なのはわかっていますが、何かあった時に駆け込める病院が閉鎖されてしまうのは不安です。

それでも医師は高収入な人が多いので、儲かっているとやっかみたくなるんですよね。

私がいつも受診している病院は、親の代から続いていますが、建物は古いままで、儲かっている感じでは無いですね。

私が子供の頃は、いつ行っても高齢者の方たちであふれかえっていて、にぎやかな感じでしたが、今は待合で待っている人も少なく、患者さんの数が減っているように思います。

健康な人が増えたのかも知れませんが、病院の収入を考えると、厳しいものがあるのでしょうね。

歯科医は、もっと悲惨な状態で、歯科助手の給料を払えなくて困っているなんて話も聞いたりします。

スポンサーリンク
おすすめの記事