岡山県の高校生エンジニアが作った新型コロナ感染症対策サイトが秀逸!
スポンサーリンク

岡山県の高校生エンジニア藤原出帆さんが作った新型コロナウイルス感染症対策サイトが話題になっています。

 

岡山県の高校生エンジニアが作った新型コロナ感染症対策サイトが秀逸

岡山県の高校生エンジニアが作った新型コロナ感染症対策サイトが秀逸

ネットでニュースにするのであれば、URLぐらい貼っておいて欲しいです。

似たようなタイトルのサイトが多くて、探すのが大変でした。

藤原出帆さんのツイッターを見つけたので、そこからサイトを見つけました。

藤原出帆さんのツイッターを遡ってみるとこんなツイートが見つかりました。

何ができるのか考えた結果がこの結果なんでしょうね。

最後は、新型コロナウイルスが吹き飛んでくれる事をよろしくお願いしまぁぁぁすっ!

金ローで放送しないでしょうか?

東日本大震災の時も感じましたが、こういった大規模な事態の時だからこそ、エンジニアにできる事ってたくさんありますね。

 

台湾のデジタル担当大臣 唐鳳(オードリー・タン)

台湾のデジタル担当大臣 唐鳳(オードリー・タン)

台湾のデジタル担当大臣である唐鳳(オードリー・タン)さんをご存じでしょうか?

台湾でマスク不足になった時にいち早くマスクの在庫がわかるマップサイトを立ち上げ、混乱を鎮めたのがオードリー・タンさんです。

オードリー・タンさんは東京都のCOVID-19対策サイトの開発にも携わっています。

このサイトの仕組みはオープンライセンスで公開され、藤原出帆さんが公開した岡山県の新型コロナウイルス感染症対策サイトにも利用されています。

この取り組みが各都道府県に広がれば、新型コロナウイルス感染症の情報公開が素早くなりますね。

いち早く、Yahoo!でも情報公開が行われていますが、地元の情報は更新が遅いなぁ、と感じていました。

東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトはコチラです。
⇒ https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

情報が整理されていて確認しやすいですね。

大阪府の情報サイトはコチラです。
⇒ http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/osakakansensho/corona.html

情報更新に時間がかかっているようですね。

週1ぐらいの頻度なんでしょうか?

愛知県の情報サイトはコチラです。
⇒ https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/

見やすさは別として、必要な情報は集められているようです。

東京都のサイトがGitHubで公開されているのであれば、他の自治体も使って、同じインタフェースにすれば良いのに?と思いますがどうでしょう?

岡山県の非公式サイトは好評です。

昔は「お役所仕事」という言葉がありました。

悪い意味で使われていた事が多いと思います。

いつか「住民の事を考えた懇切丁寧なサービスや仕事」の事という意味になると良いですね。

 

三重大学でWEB講義

三重大学でWEB講義

三重大学は8月初めまで予定している前期の講義を、全てインターネットで行う事にしたそうです。

三重大学では以前からMoodleを導入してeラーニングの環境を整えていたそうです。

Moodleを導入している大学は他にもたくさんありますが、それだけでeラーニングの環境が整う訳ではありませんね。

どのように準備していたのか、知りたいところです。

従来の方法でしか講義をしていなかった学校は、ここで考え方を変える、良い機会になるのではないでしょうか?

三重大学も学内の取り組みだけで終わるのではなく、ノウハウを地域の小中高校に公開して、サポートして欲しいですね。

新型コロナウイルスの騒ぎは、そんなにすぐ解消するものとは思えません。

三重大学でさえ、前期は覚悟している状態です。

下手したら1年ぐらい、学生の自宅待機が続く可能性さえあります。

自宅で自習だけでなく、使える環境は、試しでも構わないので、使っていって欲しいですね。

 

動画ネイティブの子供たち

動画ネイティブの子供たち

すでに塾などで動画授業に慣れている子供も多いのではないでしょうか?

動画授業に慣れている子供なら、WEB講義になってもついて行けるでしょうね。

政府が低所得世帯向けにモバイルルーターを貸与する方針を固めたそうです。

学校のPCを貸し出して、インターネット環境のない低所得世帯でも学習に活用できるようにする目的という事です。

ただ、通信費は各家庭が負担するそうなので、意味のない施策ですね。

利用者はいるのでしょうか?

低所得世帯は通信費が負担できなくて利用していないと思います。

これなら、コンビニにでも行って、無料wifiに接続した方が良いです。

PCじゃなくてタブレットの方が持ち歩きしやすいですね。

外出の抑制が目的なら、期間限定で良いので通信費が無料か定額の定額制でなければ低所得世帯では利用できませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事