ITエンジニア転職フェアでは何をする?開催予定や出展企業!
スポンサーリンク

IT業界に転職を希望している人が利用するITエンジニア転職フェアですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で中止になっています。

IT転職フェアでは何をしているのか見ていきます。

 

ITエンジニア転職フェアでは何をする?

ITエンジニア転職フェアでは何をする?

国内で最も大規模なIT転職フェアと言えば「typeエンジニア転職フェア」です。

年に4回開催され、1日平均1400名のエンジニア経験者や希望者が集まります。

転職フェアなので、出展企業の採用担当者の人と直接会話ができます。

企業の雰囲気や重点的に力を入れている分野など、ホームページなどでは得られなかった情報を発見したりできます。

基本的に服装は自由となっていますが、企業の担当者と面談するのでスーツを着て行った方が良いです。

私は、転職エージェントに登録していた時に、担当している人に誘われてふらふらとラフな格好で出かけて行き、企業ブースで冷たい対応を取られた事があります。

転職フェアにカジュアルな服装だった事から「失礼な奴」とか「やる気がない」と見なされたのでしょう。

転職フェアでは企業ブースでの説明会の他に、全体としてイベントが開催されていたりします。

私が参加したIT転職フェアでは、適性診断のような事が行われていて、簡単なペーパーテストの後に適性のある職種の考え方などのセミナーが行われていました。

セミナーの時に隣で話を聞いていた人が、出展企業の担当者で、その後、企業ブースに誘われたりしました。

その企業からは転職エージェントを通じてお誘いもあったので、よほど気に入られたようですが、参加者が企業情報を集めようと思っている以上に、出展企業は本気で人材を確保しようとしているのがIT転職フェアなんだと思います。

 

IT転職フェアの開催予定や出展企業

IT転職フェアの開催予定や出展企業

こういったご時世なので、大規模なイベントは開催されませんね。

4月11日に開催が予定されていたtypeエンジニア転職フェアには、日本マイクロソフトや三菱UFJ銀行など多くの大手・優良企業が出展予定でした。
⇒ https://type.jp/s/fair/e/

2月は開催されていた転職フェアですが、3月以降は、ほぼ全て中止ですね。

新卒の就職説明会でも、大規模なものは開催されていないので、個別の説明会にとどまっているようです。

ネットで検索したところ、6月に名古屋で開催される予定があるようです。

名大社エンジニア転職フェア6月21日(日)
⇒ https://www.meidaisha.co.jp/engineer_fair/

doda転職フェアは7月開催分まで中止が決まったので、名大社の転職フェアもこの先どうなるのか不明です。
⇒ https://doda.jp/attention/20200331.html

転職フェア中止も気になりますが、業績の悪化で採用を見送る企業が増えてこないか心配です。

新卒の内定取消が話題になっています。

飲食や観光業が厳しいのは分かりますが、アパレルや小売りも影響が出始めています。

製造メーカーも部品が調達できなくて生産が止まったりしているようです。

これまで内部留保を温存してきた企業は、ここで吐き出して、雇用を維持して欲しいですね。

 

景気悪化に影響を受ける業種

景気悪化に影響を受ける業種

景気が悪くなった時に多くの企業は経費を削ります。

最初に手を付けるのは、交際費などです。

そうすると、飲食業が影響を受けますね。

次は、広告宣伝費などです。

すると、広告代理店やテレビ、新聞などのメディアが影響を受けます。

他には、設備投資や研究開発が抑制されます。

以外かもしれませんが、IT業界は設備投資で成り立っています。

企業の設備投資が抑制されると、建設業と同じようにIT業界も影響を受けます。

不景気になると、公共事業が増えて、建設業は持ちこたえる事がありますが、IT業界はもろに影響を受けます。

特にオフコンなどを主力としているソフト開発会社では、企業のシステム更新が来年や再来年に持ち越されて、死活問題となるところも出てきます。

WEB系はあまり影響しないかも知れませんが、組み込みソフトにしても、ネットワーク系にしても、設備投資ありきなので景気が悪くなると影響を受けてしまいます。

 

景気が悪い時のIT転職活動

景気が悪い時のIT転職活動

景気が悪い時は求人件数が減るので、急いでいなければ転職活動を見送るというのも方法です。

希望していた条件よりも待遇が悪くなったりします。

しかし、別の考え方をすれば、不景気な時でも人材を募集するほど、しっかりした会社に転職できるチャンスなのかも知れません。

競争は激しくなると思いますが、挑戦する価値はあると思います。

IT転職フェアが開催されないので情報は集めにくいですが、転職エージェントなどを活用して、応募すると良いです。

転職エージェントのまとめ

スポンサーリンク
おすすめの記事