パニック
スポンサーリンク

パニック障害を持つ人に社内SEをおすすめしています。

無理にとは言いませんが、可能であればパニック障害が克服できた方が活動しやすくなります。

そのため、私が行動した事を紹介したいと思います。

 

社内SEがパニック障害を克服しようと行動した7つの事

社内SEがパニック障害を克服しようと行動した7つの事

私がパニック障害を自覚した時、何とかならないかと思って行動した7つの事を紹介します。

パニック障害を克服しようと行動した7つの事

  • 病院での治療
  • 禁煙
  • メンタルヘルス
  • レイキ
  • 指圧・EFT
  • 呼吸法
  • 満員電車に乗らない

病院での治療

パニック障害という名前を本で知り、自分の事だなぁと考えていました。

どうしても飛行機に乗らなければいけない事があり、家の近くにある心療内科を受診しました。

ペーパーテストのようなものを受け、パニック障害という診断となり、薬を処方されました。

ドキドキするのを抑える薬だと言われたと思います。

何種類か薬をもらい、それを飲んで旅行は何とか乗り越えました。

禁煙

本の名前までは覚えていませんが、パニック障害の対策に禁煙すると良いというのが書かれていました。

ちょうど勤めていた会社の建屋が全館禁煙になるタイミングだったので、良い機会だと思い禁煙を始めました。

それから10年以上経過しますが、今でも継続しています。

禁煙というと大げさですが、ずっと「休憩中」だと思っています。

この方が精神的な圧力が軽くなります。

メンタルヘルスセミナー

コーチングのセミナーに参加していた頃、一緒に参加していた人に勧められ、心理学のセミナーに参加する事にしました。

パニック障害の原因になるような焦りやストレスが減るのではないかと考えていました。

原因がわかっても実践するのは難しいですね。

レイキ

レイキは古くからある民間療法で、手当て療法として知られています。

神田昌典さんが紹介していた事から興味を持ち、レイキセミナーに参加しました。

指圧・EFT

よく整体を利用していた事があり、指圧で乗り物酔いが対処できれば、電車でのパニック障害に効果があると考えて、指圧やEFTを学びました。

EFTはタッピングでネガティブな感情を解放できるとした民間セラピーです。

ツボを指で軽く叩きながら刺激するので、指圧と似た効果が感じられます。

呼吸法

呼吸法といってもイロイロあります。

そんなに難しい事は続かないので、パニック発作が起こりそうだと感じた時に、冷たい水を飲んで深呼吸をするようにしています。

パニック発作は何年も起こった事が無いのですが、予期不安は年に何回か遭遇します。

そんな時は、深呼吸で落ち着くようにしています。

満員電車に乗らない

パニック発作の原因が満員電車だったので、それを回避し続けています。

広場恐怖なのですが、実際に満員電車に乗ろうとしても、足がすくんでホームで立ち尽くしてしまいます。

現在は、そこまでひどくないのかも知れませんが、満員電車に乗る必要のない生活を選択しました。

 

パニック障害を受け入れる

パニック障害を受け入れる

正直、パニック障害は治っているのかも知れません。

というのも、それまでパニック発作が起きたのと同じ状況に遭遇しないからです。

パニック発作も、気を失うほどのモノは経験した事がありませんし、死を意識するぐらい強烈な発作は、1度しか起こっていません。

それでも、予期不安や広場恐怖から行動が制限されてしまうのが、パニック障害のやっかいなところだと思います。

私のように生活の中から、パニック発作が起きそうな場面を切り離してしまえれば良いのですが、多くの人には難しい事だろうと思います。

パニック障害を克服したいと思う人は多いと思いますが、受け入れてしまって生活するのも悪くはありません。

飛行機や電車に乗って旅行に行く事は無くなりましたが、病院に通院する事もなく、普段は快適に生活しています。

無理に治さなくても、受け入れてしまう生活もアリです。

 

生活の質を向上させるのに効果があった事

生活の質を向上させるのに効果があった事

パニック障害は克服できていないと思うのですが、行動して良かったと思う事はいくつもあります。

禁煙に関しては、純粋にお金がかからなくなりました。

毎日2箱近く消費していたので、今も続けていれば1000円近くかかります。

呼吸法については、応用がききます。

パニック障害に気づく前から極度のあがり症で、人前でのスピーチや発表の際には声が震えてしまうぐらい緊張してしまう性格です。

緊張した時に呼吸を整える事で、落ち着いて行動する事ができるようになりました。

社内SEはストレスを感じる事が多いので、自分に合った解消法を知っておくと良いです。

 

苦手なモノが少しぐらいあっても良い

苦手なモノが少しぐらいあっても良い

パニック障害が原因で転職が上手くいかないと考えた時期もありました。

勤務先が大都市だったら求人が多い。

転勤や移動が可能だったら応募できる。

それも昔の話です。

今なら、オンラインで知識習得もできますし、テレワークで勤務できます。

パニック障害で満員電車に乗れなくても、不利にならない働き方が可能です。

苦手なモノが少しぐらいあっても良いですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事