転職
スポンサーリンク

大企業と中小企業、零細企業で社内SEの役割は変わると思いますが、何をやっていて、どうやってなったのか紹介します。

 

社内SEはポンコツ?プログラミングできる?

ロボット

ネットで「社内SE」を検索すると、「ポンコツ」とか「プログラミングできない」などと言ったキーワードがサジェストされたりします。

ポンコツは酷い言われ方だと思いますが、プログラミングできない人は意外といるかも知れません。

ユーザー管理を担当している人をSEと呼ぶのかどうかは別として、システム部門にいる人を全て社内SEだと見なしてしまうと、様々な人がいます。

社内SEと言っても、特に大企業ではエンジニア経験がなくても人事異動で配属されたりする事もあります。

システム開発の予算管理だけをしている人もいたり、社員向けの教育だけをしている人もいたりします。

そういった人に、パソコンが起動しないからといって修理をお願いしても、直してくれる訳ではありません。

そういった知識のある人だったら良いのですが、オフコンは操作できても、パソコンやネットワーク機器については全くわからない人もいます。

できなかったら「ポンコツ」と呼ばれてしまいます。

酷い時は、コピー機やFAXの修理を依頼してきたりする人もいます。

そんなのは、メーカーのメンテナンスを呼んでください。

 

社内SEの仕事内容は?

残業

社内SEの主な仕事は、社内システムを開発する事です。

企業の規模や業種・業態によっても異なるので、会社によって様々ですが、多くの会社で社内SEと言えば社内システムの開発やメンテナンスが仕事です。

会社の規模が大きくない限り、社内システムを外部の会社に依頼する事がほとんどです。

そのため、社内SEはプログラミングをするのではなく、システム利用者から要望を集めて、システム化するために仕様をまとめるのが重要な仕事になります。

まとめた仕様を、システム開発会社に依頼してシステム化し、納品時には仕様通りシステムが動くか確認する作業が必要になります。

システムが稼働した後は、安定して利用してもらえるように運用を監視し、不具合をとりまとめ改善していきます。

私が主に行っている作業としては、稼働しているシステムの不具合をシステム開発会社に伝えて修正してもらう事と、基幹システムでシステム化するほどでない作業を処理できるように、エクセルなどのシートを作ったりする事です。

大企業の社内SEは新卒で採用する場合が多いと思いますが、中小企業の場合、中途採用が多いと思います。

私も中途採用でした。

最初は、社内SEではなく、現場作業をしていました。

それまで、パソコンのシステム開発をした事があったので、社内でパソコンが故障した時に復旧作業をした事から、社内システムの仕事をするようになり、なんとなく社内SEという感じになりました。

中小企業の従業員なので、明確に部署や担当が決まっている訳ではありません。

パソコンが動かなくなったりすると、呼ばれて見に行くぐらいの感じです。

 

社内SEの志望動機は?

IT土方

私の場合は、社内SEを志望して採用された訳ではないのですが、私と同年齢の人たちの中には社内SEを希望する人が多いと感じます。

特に、システム開発会社で客先に常駐してSEやプログラマーをしていた人たちに社内SEは人気だと思います。

客先に常駐して仕事をするのって、神経を使います。

無理難題を言われる事は減りましたが、社員に依頼できない事をやらせようとする人は、今でもいます。

開発スケジュールが遅れてきたりすると、出入り口に見張りが立ち、自由に帰らせてもらえない雰囲気になる事もあります。

そういった環境で仕事を続けてきた人には、何となく社内SEが楽な仕事に思えて、憧れる雰囲気があります。

社内SEは社内SEで大変な事があるのですが、大変な事より良さそうな部分が強調されて見えてしまいますよね。

特に、不景気になったりして、人員整理されたフリーエンジニアの人たちなどは、再就職先を探す時、安定しているイメージの強い社内SEを希望していました。

 

社内SEになるには

マニュアル

特に小規模の会社で社内SEになるのは、それほど難しい事ではありません。

ただ、社内SEを募集している会社は大企業に比べて少ないでしょう。

未経験の場合でも、パソコンが得意であれば重宝されると思います。

インターネットやWifiなどの設定ができると中小企業の場合、喜ばれるでしょう。

自宅でパソコンをインターネットに繋いだ事のある経験が役に立ちます。

会社の規模が大きくなると、セキュリティに注意が必要ですが、インターネットの接続さえ業者に任せてしまうレベルの人がほとんどです。

自分の知識だけではわからなくても、ネットで検索して解決できる能力があれば、中小企業の社内SEは務まります。

大企業の社内SEになるには、年齢制限などがありハードルが高くなります。

20代~30代のビジネスパーソンには、社内SEに強い転職サービスの利用がオススメです。

社内SEに強い転職サービス

スポンサーリンク
おすすめの記事