入りたい会社より就職して欲しい人材と歓迎される会社の見つけ方!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

先日、面接をうけた会社では熱烈歓迎で恐縮してしまいました。

「あなたのような人を探していたんです」

こんな風に言われるとうれしいですよね。

自分が入りたいと思う会社に就職するのと、ぜひ入ってくださいと歓迎される会社に就職するのでは、どちらが幸せなんでしょうね。

 

スポンサーリンク

転職するなら歓迎される会社の方がうれしい

採用面接を受けた時に嫌な気分になった事ってないですか?

そんなに粗探しをして、落としたいのなら、最初から面接なんてしなければいいのに、と思います。

圧迫面接が流行った時期もありますが、あれって、圧倒的に買い手市場の時でないと成り立ちませんよね。

私が新卒の時は、まだバブルだったので超売り手市場で、会社説明会に参加しただけで歓迎されたものです。

何社も内定をもらって、ギリギリまで返事を保留にするのが普通で、少しでも条件の良い会社に就職しようとする人ばかりでした。

そこまでとは言いませんが、少しぐらい歓迎される会社に入りたいと思います。

そもそも、人材を必要としているから求人しているはずなのに、採用側が偉そうにしているのはなぜでしょう?

思い出しただけで腹が立つ会社がいくつもあります。

こちらが低姿勢でいるから、勘違いして調子に乗るのでしょうか?

反対に、よく面接に来てくれましたと、大歓迎の会社もありました。

こちらが恐縮してしまうぐらいの歓迎です。

私のようなキャリアの人材を求めていたそうです。

 

50代社内SEを必要としている会社の特徴

私のような50代社内SEが採用面接に伺って歓迎される会社には共通の特徴があります。

それは、経営者が面接官として参加されていました。

そして、どんな人を採用したいのか、明確なイメージが経営者にあるということです。

そのイメージに一致した時に、歓迎してくれるようです。

お話を伺っていると、人材だけでなく、社内システムについても、何を実現させたいのか明確なイメージがあり、それについて熱心に語ってみえました。

ハッキリ言ってしまえば、そんなシステムが現実にならないもどかしさがあり、これは技術的な事だけではダメだと感じた時に、私のようなおじさん社内SEが必要だと感じるようです。

開発業務で力になれることなんてありませんが、社長がイメージしているものを開発者に伝わるように仲介することはできると思います。

そういった役割を求められていると認識しています。

社内SEといっても様々な募集があるものですね。

リクナビNEXTに登録して社内SEの求人情報を確認する

 

採用面接で感じる違和感

そもそも採用された訳ではないので、私からどうこう言える立場でも無いのですが、採用面接の時に感じる違和感って、正解のことが多いと思います。

例えば、私が内定をもらった会社なんですが、面接なのに社長の独演会で、他にも経営幹部と思われる人が何名も出席しているのに、全く発言をしません。

普段の会議もこんな感じなんだろうなぁ、と考えてしまいます。

あと、職務経歴書に記載されていない事まで出来ると勘違いされてしまう事があります。

他の応募者の職務経歴書と勘違いされたのでしょうか?

「〇〇が出来ると書いてあるじゃないか」と叱られたことがあります。

そんな事、全く書いていないのに・・・。

最後に厄介なのはライバル視してくる面接官です。

「僕も中小企業診断士に挑戦したことがあるんだよ」とここまでは別に何とも無いのですが・・・。

「あんな資格持っていても意味ないよね」って、何が言いたいのか不明です。

合格した人が「使い道ないよね」と言うのなら、まだ聞けますが、挑戦しただけなのに、何言っているんだか、って感じです。

悪口ばかりになってしまいました。

 

やっていることを好きになる

新卒の時に、そんな考えを持ったことは無いのですが、何度か転職した時、何かに書いてあった事が心に刺さりました。

「やりたい事を目指すより、今やっていることを好きになる努力が必要」

自分に与えられた環境が、必ず希望通りになる訳でもありません。

好きな事をやれたら頑張ろう、ではなく、今やっている事を好きになる努力が必要です。

それで好きになれたら良いじゃないですか。

どうしても好きになれなかった時は、その時に考えましょう。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事