Paizaラーニングを無料体験中です!独学プログラミングは可能か?

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

転職の応募企業にアピールするためPHPの基礎知識を学びたいと考え、オンライン学習サイトを検索していました。

無料で利用できるところを探してみると「Paizaラーニング」というサービスを見つけました。

オンラインなら、仕事中でも利用できるので、試してみることにしました。

 

スポンサーリンク

Paizaラーニングを無料体験中です

プログラマー

wordpressのテーマをカスタマイズしようとして、少しだけPHPの文法を調べたことがあったのですが、基礎的なことは全く理解していませんでした。

転職サイトに掲載されている求人情報を見ると、javaやPHPの経験者を優先しているようだったので、前から興味のあったPHPを勉強してみることにしました。

とはいえ、実際に何かのシステムを開発する訳ではないので、それほど役に立つとは思っていませんが、自己PRになれば良いと考えました。

そのためできるだけお金を使いたくありません。

いつものケチケチな感じです。

ネットで検索してみると、「Paizaラーニング」というサービスが見つかりました。

とりあえず、「PHP体験編」を受講してみました。

講義は、かわいいアニメキャラが講師となって教えてくれます。

講義の動画を観ている最中でも、ソースコードを打ち込んで実行させることができます。

無料で利用できる動画は初歩的なものばかりですが、基本的なことだけ知りたい私にとっては十分な内容です。

PHP以外に、GoやPythonも体験編を受講してみました。

どれも、講義の進め方は同じで、言語によって、コマンドや関数が違っているので、そのあたりが上手く説明されています。

 

Paizaラーニングで残念なこと

Paizaラーニングで残念なことを考えてみましたが、特に思い当たりません。

有料プランを利用しはじめると何か思いつくかも知れませんが、無料で使わせてもらっている身としては、勿体ないほど高機能で優秀なコンテンツです。

無理やり指摘するとすれば、講師役の美少女キャラでしょうか。

好き嫌いが分かれるかもしれません。

話し方があざとくて、イラっとする人がいるかも知れませんが、私のように年を取ると、一生懸命がんばっている孫を見守っているような気持ちになり、目に入れても痛くないという感じです。

会社で仕事中に技術習得と称して動画を視聴しているので、音声が漏れないようにイヤホンを使っていますが、同僚に聞かれたら勘違いされそうですね。

リクナビNEXTに登録して社内SEの求人情報を確認する

 

独学プログラミングは可能か?

私がプログラミングを学んだのは、開発のアルバイトを始めた時です。

アルバイト情報誌でプログラマー募集の求人を見つけ応募しました。

未経験者OKだったので、多くの人が応募していて、適性テストを受けて採用されました。

全くの未経験者でしたが、CAIといって、プログラミングを習得するためのアプリが当時からあり、それを使ってC言語を学びました。

実際に開発に使ったのは、今は無くなってしまったinfomixというDBの4GLという言語とSQL文でしたが、C言語やSQLの知識は、今でも役に立っています。

CAIを使ったプログラミング学習を独学というのであれば、独学プログラミングは可能でしょう。

専門学校に通っていた時も、N88-BASICでプログラムを組みましたが、コンピュータ系の学校では無かったので、誰も教えてくれる講師はいませんでした。

学校にあったコンピュータの情報雑誌を参考にして自由研究の授業でプログラムを組みましたが、目的さえあればできると思いました。

今は、オンラインで良くできた教材や学習環境が手に入るので、何の不安もなく独学できると思います。

ただ、「独学」を書籍のみと、かなり限定してしまうと、無理があります。

最初のうちは文法エラーが出ても、何が原因かわからない事もあります。

半角文字と全角文字の見分けもつかないぐらい初心者は、教えてくれる人のいる環境で学ぶ方が良いでしょう。

 

新入社員の時に覚えたCOBOL

集合研修で覚えた言語はCOBOLです。

新入社員研修の時は、最も成績が良く、研修の最終日には表彰されました。

今でもCOBOLならプログラマーとして仕事ができそうな気がしています。

実践で鍛えられた言語だからだと思いますが、体のどこかに染みついているのでしょうね。

COBOLの仕事が見つからないのが残念です。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事