自動運転車で期待すること!駐車場がいらないと生活が変わる!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

アップルが電気自動車の開発をしていて、2025年に自動運転車を発売する社内目標があると、ネット記事に掲載されていました。

アップルが発表した内容じゃなくて、関係者によれば、というありがちな情報なので、信憑性はわかりませんが、2025年に完全自律運転タイプの自動運転車が発売されれば、私が生きている間に普及する可能性があります。

とても楽しみですね。

 

スポンサーリンク

自動運転車で期待すること

スーパーマーケット

私は自動車の運転が下手なので、1日も早く自動運転車が普及して欲しいと願っています。

田舎に住んでいるので、移動手段として自動車は不可欠です。

食料や日用品を買いに行くとしても、自動車が無ければ大変です。

一番近いコンビニでも、歩いて15分はかかります。

15分ぐらいなら、良い運動になる程度かも知れませんが、荷物を持って歩くのは大変です。

自動車を乗り続けるにしても、何歳までいけるのか悩みます。

先日も、高齢者がアクセルの踏み間違いでお店に突っ込む事故がニュースになりました。

目が疲れて見えにくくなったり、反応が遅くなったり、身体能力の衰えから運転時の危険時は増すばかりです。

そんなこともあり、自動運転車の発売を切に望んでいます。

 

本当の意味でのサブスク

自動車のサブスクがありますが、これまでのリースと何が違うのかわかりません。

自動運転車が実用化されれば、自動車を保有する必要がなくなります。

必要な時に呼べば良いだけです。

これで利用料金が一定なら、本当の意味でのサブスクです。

料金次第で、通勤で電車を使わなくなるかも知れません。

自動車を保有しないので駐車場も不要です。

朝、家を出る時間に車を呼び、会社に着いたら降りるだけです。

自動車は次の利用者の元に向かって動き出します。

駅前や市街地の再開発が進むでしょうね。

駐車場がいらなくなります。

大きな駐車場が必要なショッピングモールも郊外ではなく、駅前に展開できるかも知れません。

駐車場とセットで考えていた様々な施設が、切り離して考えられます。

地方都市の駅前商店街が復活するかも知れませんね。

マンションばかり建てずにアーケードのある商店街は残しておくべきです。

リクナビNEXTに登録して社内SEの求人情報を確認する

 

自動運転車の使い方

自治体が率先して自動運転車を購入し、高齢者サービスに利用すべきです。

そうすれば、すぐに普及するでしょう。

私が住む地域では、自治体がバス会社に補助金を支給して、あまり人が乗らないバス路線を維持しています。

通常なら赤字路線だと思いますが、1時間に1本ぐらいの間隔で運行しています。

乗客がひとりもいないバスを見ると、勿体ないなぁ、と感じます。

無くなると不便なんですが、あっても不便です。

自治体が行き先や利用回数を限定した状態で自動運転車を提供すれば良いだけなので、地方都市にも人が住みやすくなります。

 

実用化されて普及するまで

つり革

どんなに便利に使えそうな自動運転車でも実用化されて普及しなければ利用できません。

2020年の東京オリンピックまでに自動運転車を実用化させるという計画があったはずです。

選手村内では自動運行するバスがあったようですが、自動運転タクシーは登場しなかったように思います。

バスであれば、路線を決めてしまうこともできるので、実用化しやすいと思います。

もっと日本各地で実証実験を行えば、実用化が早くなるように思います。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事