志望動機を見直す!応募企業のホームページからわかること!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

6月から月に1、2件ペースで面接を受けています。

来週も面接を控えているので準備を進めていますが、久しぶりの転職エージェント案件なので、いつもとサポート体制が違います。

面接を受けに行っても、会社によっては準備していた事と全く違う質問をされる事が多いので、最近は準備をしていませんでした。

良い機会なので、今回は志望動機を見直して挑みたいと思います。

 

スポンサーリンク

志望動機を見直す

転職エージェントから面接対策の虎の巻を頂きました。

とても理解しやすく、なるほどなぁ、と思いました。

これまで自分で考えてきた志望動機とは違った視点が記されています。

志望動機を考えるのって苦手なんですよね。

ネットで例文を見つけては、少しアレンジする程度でしたが、企業ごとに志望動機を考えるのが普通なんですね。

ぶっちゃけ、給料を見て応募企業を決めているので、その企業でやりたい事とか考えずに応募していました。

そのため、自分のできる事をアピールするしかなかったのですが、そういった気持ちは面接官にわかるのでしょうね。

 

書類審査が通った理由がわからない

転職サイトで応募する時は、職種と勤務地で検索して、社名と給料を見て「応募する」のボタンを押しています。

同じ企業に何度応募しても、相手に迷惑だと思うので、社名は確認するようにしています。

転職サイトの仕組みで「応募済」としてエントリーできなくしてくれれば良いのですが、難しいようです。

そのため、面接の連絡が届いてから求人要項を確認することがあるのですが、よくこの内容で面接になったなぁ、と思うことがあります。

書類審査が通った理由が全くわかりません。

社内SEといっても、開発をメインにしていたり、インフラをメインにしていたり、様々です。

開発でも、環境や言語によっては、全く戦力にならないと思うことがあります。

次に面接を受ける企業は、開発メインの社内SEを募集していました。

これまで私が携わったことがない環境です。

求人要項や会社のホームページを確認する限り、何がひっかかって面接に進めたのかわかりません。

こういう時は、志望動機を考えるのが大変です。

逆に面接官に聞いてみたいですね。

「何を評価いただき、会ってみたいと思われたのですか?」

リクナビNEXTに登録して社内SEの求人情報を確認する

 

会社のホームページからわかること

面接を受ける前は、その会社のホームページを確認します。

応募者目線で会社のホームページを見続けているのですが、社長の写真って重要ですね。

社長の顔写真が掲載されていないのは問題外ですが、掲載されていても、もっと他に良い写真があったろうに、と思うことがあります。

社長の顔写真を見ながら、メッセージを読むと、何となく、その会社の雰囲気がわかるような気がします。

技術に自信を持っているとか、従業員を大切にしているとか、そんな雰囲気を感じます。

もちろん、そういった雰囲気が伝わるようにライターさんが作文しているのだと思いますが、会社の方向性を示しているはずです。

どんな人を求めているのかも、求人要項だけでなく、会社のホームページから見つけることが多いですね。

面接の場で、ホームページに掲載されていることについて伺うと「何それ?」という反応が返ってくる会社があります。

自社のホームページぐらい見てから面接しろよ、と思うのですが、それが現実なんでしょうね。

 

模擬面接を受けました

志望動機を考えるには、まず、自分の「できること」と「やりたいこと」を知る必要があります。

そこに企業が「求める人」を掛け合わせて志望動機に仕上げていきます。

  • 応募企業で自分の「やりたいこと」が実現できる
  • 応募企業で自分の「できること」が活かせる
  • 応募企業が「求める人」に近いことをアピール

この3つを志望動機に盛り込むことで評価が変わってきます。

これまでの自分の志望動機を思い出してみたのですが「できること」ばかりに目を向けていました。

「やりたいこと」は全く無かったように思います。

「求める人」は盛り込んでいたつもりですが、相手に伝わっていないことが多いですね。

明確に言葉にして伝えないと、伝わらないと思います。

転職エージェントの模擬面接を受けました。

自己PRや志望動機については及第点を頂きました。

応募企業でないといけない理由が弱く、その会社で感じている魅力をもっとアピールするようにアドバイスを受けました。

もっと考えなければいけないのは、転職理由ですね。

ネガティブなことだけになってしまっているので、ポジティブな要素も付け足した方が良いということです。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事