給料安くない?給料を上げると会社が潰れる!それなら他の方法は?

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

年収アップを目指して転職活動していますが、求人要項に記載されている給与が安くて笑ってしまいます。

サンフランシスコで低所得とされる年収1400万の求人を見つけるのは至難の業です。

急激に物価が上がるのは嫌ですが、同世代の平均年収ぐらいは稼げるようになりたいものです。

 

スポンサーリンク

給料安くない?

IT関係の仕事をしていると高収入だと思われがちですが、実際はそんなことありません。

システム開発の仕事はピラミッド型のヒエラルキー構造になっていて、元請けは良いのですが、下請けは人月いくらの労働集約型になります。

安い人材をたくさん集めて会社が吸い取る構造になっています。

社内SEの場合は、会社の業種や業態によりけりです。

エネルギー関連や金融系の社内SEは高収入のようですが、私のような中小企業のサービス業だと最低賃金とは言わないまでも、同世代の平均年収を大きく下回っています。

転職サイトの求人情報を見ていても同じような感じですね。

自分だけが低賃金で働いている訳では無く、同じような条件の求人がたくさんあるようです。

ターゲットにしているのが、若い人なのかも知れませんが、年収300万円って、年俸制だったら月25万円です。

賞与込みだったら、手取りで月15万円ぐらいでしょうか。

家賃払って、水道光熱費払って、食費払ったら無くなってしまいます。

 

給料を上げると会社が潰れる

倒産

これは、最低賃金を倍の2000円ぐらいにしてもらわないといけませんね。

最低賃金引き上げで話題になるのは、中小企業は立ち行かなくなる、という話です。

本当でしょうか?

会社は儲かっていないと言っています。

決算書を見ても、なるほど、大した利益は出ていません。

しかし、社長の車はレクサスです。

きっちりと3年ごとに新車です。

他の役員も同じようなものです。

会社名義なんですよね。

税金対策なら、もっと設備投資すればいいのに。

パソコンを最新型にしても、1台20万円もかかりません。

古い機械をだましだまし使っているから、作業効率が悪くなります。

それを入れ替えるだけで、ひとり分の人件費が浮きます。

リクナビNEXTに登録して社内SEの求人情報を確認する

 

ベーシックインカム

国が強制的に国民の所得を増やすには最低賃金を上げるだけでなく、ベーシックインカムという方法もあります。

これなら、直接的な中小企業への影響は抑えられます。

しかし、間接的に影響するでしょうね。

例えば、ベーシックインカムで毎月7万円が支給されることになれば、我が家の場合、4人家族なので28万円です。

今の私の手取りより多くなります。

私は仕事を続けたとしても、妻はパートを辞めるでしょうね。

もしくは、もっと楽な仕事を探すと思います。

例えば、午前中の3時間だけとか、週に2日だけといった具合です。

ベーシックインカム導入で収入が増えれば、物やサービスの価格が上がっても何とかやっていけます。

価格が上昇した分、会社の利益が増え、給料が上がれば、また、価格が上昇できます。

良い循環になると思います。

 

年功序列は続くのか

年功序列という仕組みは理にかなっていて良いと思うのですが、若い人からすれば不公平に感じるでしょうね。

給料は生活給だと捉えているので、40代や50代前半が支出のピークになります。

子どもにお金がかからなくなっても、老後の備えや親の介護で支出は続きます。

人によって事情は異なりますが、若い時よりも高齢になった時の方がお金が必要です。

能力主義も評価者が正しく評価できるのであれば成立すると思います。

しかし、多くの中小企業では無理ですね。

そこまで万能な経営者は、ほとんど存在しません。

何かに秀でていると思いますが、マネジメント能力が長けているとは限りません。

それなら、勤続年数とか年齢を基準に給料を決めてしまった方が働いている人も納得できます。

儲かった時はボーナスで還元してくれれば、みんなで喜べます。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事