フリーエンジニアで稼ぐ人は稼げばいい!独立して成功する人の特徴!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

働き方は人それぞれです。

プログラミングスキルを身に付け、フリーエンジニアとして活躍したいという人もいると思います。

仕事の探し方も多くのサービスがあります。

ただ、フリーになれば幸せって訳ではありません。

会社にいると見えない部分もたくさんあります。

 

スポンサーリンク

フリーエンジニアで稼ぐ人は稼げばいい

フリーになって稼げる人は稼げばよいと思います。

ただ「フリー最高!」とばかりに煽ってくる人の言われるがままになってはいけません。

私もフリーで活動していた時期がありました。

ただ、実力のないコンサルタントだったので、雇い主に絶対服従でした。

請負という形で仕事をしていましたが、やっていることは社員と同じです。

いわゆる「偽装請負」でした。

それが社会問題になりました。

私は、偽装請負のままが良かったのですが、雇い主から契約を継続できないと言われ、派遣社員になりました。

結局、不景気になり雇い止めになったので、請負でも派遣でも同じ結末だったのですが、その時から「正社員最強!」と考えるようになりました。

 

独立して成功する人の特徴

残念ながら私の周りにフリーで稼ぎ続けている人が存在しないので、例を挙げることができないのですが、どうすればフリーで稼ぎ続けることができるのでしょう?

普通に考えて、信頼できる人でしょうね。

実力があっても、いつも納期を守らないとか、困ります。

クリエイターなら、良い作品のために、と思って、多少の融通を利かすことがあるかも知れませんが、エンジニアであれば、納期と品質は重要です。

後は、人当たりの良い人ですね。

仕事を紹介してもらえます。

プログラミングが得意でフリーになっても、営業して仕事をとってこないと稼げません。

同時に両方って、大変なんですよね。

独立して、フリーではなく、起業して成功する人もいます。

それもひとつの能力ですよね。

フリーで活躍する人とは違った才能だと思います。

 

フリーになろうと思った理由

若い頃は、フリーの方が稼げると思っていました。

実際、仕事を請け負っても、単価が全く違うんですよね。

サラリーマンで残業しても時給1000円を少し超えるぐらいだったのに、フリーになった時は時給数千円で仕事を請け負っていました。

しかし、お金にならない仕事がたくさんあって、それほど稼げる訳ではありません。

例えば、請求書作ったり、経理の仕事はお金になりません。

外注すれば良いのですが、得意分野なので、自分でやっていました。

確定申告の時は、結構な時間をかけて作業するのですが、お金にならないんですよね。

あと、スキルを身に付けるためのセミナーや勉強の時間も無給です。

会社員時代は、仕事に必要で業務時間中の研修だと給料が出ました。

フリーになってしまうと、自己投資なので、いつかお金になるかも知れませんが、回収できない時もあります。

 

フリーになるだけが方法じゃない

この記事を書こうと思ったのは、聞いていたポッドキャストで「会社にしがみついているなんでバカだ」みたいな話を聞いたからです。

稼ぐ方法なんて、いくつもあるのに、我慢して会社員を続ける必要はない、というような内容でした。

そうなのかもしれませんが、私の感想は「人それぞれでしょ」。

フリーで稼げているなら、嫌々、会社員になる必要はありません。

しかし、世の中の全ての人が、フリーで成功できる訳でもないし、アフィリエイトで稼げる訳でもありません。

煽るのは勝手ですが、それを信じて飛びつくと、痛い目を見る人がいるはずです。

逆に、会社員の方がお気楽でいいのに、と思う人もいるはずです。

若い頃はフリーになって稼ぐぞ!と思いながら仕事して、勉強して、ガツガツやっていました。

今は、ちょっと違っています。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事