地方国立大学から応募しませんか?のオファーが届いた時の話!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

転職サイトで、ある地方国立大学から「応募しませんか?」のオファーを頂きました。

応募したいという気持ちがあるのですが、準備が整わず応募書類は送付できそうにありません。

大学だけはありませんが、国の機関や地方公共団体、それらに関連する団体に応募する時は、必ずと言っていいほど余計な手間がかかります。

それに耐えられる人だけが採用されるのだと思いますが、こんなフィルターは必要ないんじゃないかなぁ。

 

スポンサーリンク

応募できないと感じたフィルター(1)

今回の応募書類は、フォーマットが決まっていて、自書で記入するように指示がありました。

自書って、今どき「手書き」ですか?

履歴書でさえ、印刷で済ましている私にはハードルが高すぎます。

履歴書を手書きすると、約1時間ぐらいかかります。

さらに職務経歴書は3時間ぐらいかかるのではないでしょうか。

他に記入が必要な書類を考えると、応募書類の作成だけで1日かかってしまいます。

さらに、証明写真を添付なので、どこかで印刷してこなくてはなりません。

転職サイトでの応募なので、必要な情報は全て確認できるはずです。

それを利用して採用判断できないのが不思議です。

時々、履歴書と職務経歴書の提出を依頼される企業もありますが、ワードで作成した文書を印刷して提出しています。

手書きの文字で、どんな人かわかるのかも知れませんが、ちょっと大変すぎますね。

 

応募できないと感じたフィルター(2)

そもそも、応募条件が「大卒以上」なので、応募資格が無いんですよね。

以前、受けた地方公共団体の関連団体では「大卒程度」と記載されていて、同等のキャリアや知識が確認できれば問題ないです、と言われた事がありました。

今回は明確に「大卒以上」と記載されているので、高卒では無理でしょうね。

大学と言っても学生に教える仕事ではないので、別に学歴なんて関係ないと思いますが、採用側には何か必要な理由があるのだと思います。

一般企業だったら、学歴とか無視して応募してしまうのですが、大学だと、重視しているんだろうなぁ、と考えてしまいます。

リクナビNEXTに登録して社内SEの求人情報を確認する

 

応募する時に躊躇してしまう求人

いつもなら希望条件にあう求人を見つければ、すぐ応募してしまうのですが、ちょっと躊躇してしまう時もあります。

例えば「20代が活躍しています」と強調文字で表示されている場合です。

若い人が欲しいのでしょうね。

求人要項を読むと年齢制限はないのですが、会社名が表示されている場所に、会社名よりも前に書かれていると躊躇してしまいます。

あと、いつも求人している会社も敬遠してしまいます。

1年以上、転職サイトを見続けているので、いつも見る会社いくつかあります。

社内SEの求人なのに、1年以上募集し続けているって、どれだけ人材不足なんだ、って感じですよね。

かなりの有名企業なのに、それだけ人が集まらないって、何か問題があるんじゃないかと考えてしまいます。

以前、取引があって良く知っている会社も、この1年ほど、ずっと求人募集しています。

給料も高いし、定着率も良い会社のはずなんだけど、事業が急成長して人が育っていないのでしょうか。

前の情シス部長は良い人だったんだけど、今の部長は苦手な人です。

応募してもエージェントでフィルターされて終わりそうです。

 

応募しなければ始まらない

先日、内定を辞退してから、全く面接の予定が入らなくなりました。

多くの障害がある50代の転職活動ですが、それでも応募しないと始まりません。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではありませんが、何百社もエントリーしつづけても、傾向を見つけることは難しいです。

ここなら面接まで進むかなぁ、と思ってエントリーしても無理だったり、ここは無理だと思っていたのに、予想外に良い結果に繋がったりします。

手間なくエントリーできるのが転職サイトの良いところなので、自分で勝手に制約を付けないで、応募したいですね。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事