良い習慣を続ける!悪い習慣は止める!習慣化したいことは何ですか?

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

まだ転職できない52歳社内SEのおぐです。

天気の良い日曜日にドライブをしながらVOICYを聞いていました。

ゆうきゆうさんの「人生を変える『セクシー心理学』」の古い放送をまとめて聞きしました。

普段から聞いているチャンネルですが、聞き直すと新しい発見があります。

今日は「新たな習慣の作り方」という放送が気になりました。

みなさんにご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

悪い習慣は止める

「人生を変える『セクシー心理学』」で2021年7月23日に配信された「『史上最低の禁煙法』に学ぶ、新たな習慣の作り方!」は、コチラで聞けます。


https://voicy.jp/channel/1360/179670

コチラの記事にも書きましたが、15年ほど前から喫煙を休憩しています。

習慣となっていることを止めるには、少しずつ量を減らすのではなく、全く行わない日を続けた方が良いんですね。

3日坊主になったとしても、何回も3日坊主を繰り返した方が良いみたいです。

私は、思ったよりも苦労せずに習慣化できましたが、事前のシミュレーションは何度も行いました。

喫煙って、吸い終わった直後から「吸いたい」という気持ちとの闘いが始まるんですよね。

別に禁煙していなくても、常にガマンをさせられている訳です。

喫煙してから、10分後、1時間後、1日後、3日後、と体がどのような状態になって、どんな気持ちになるのか、事前にシミュレーションしておくことで、どんな対処をするのか決めておきます。

そうやって考えると、パチンコに行かなくなったのも、ある日、突然でした。

ブラック企業に転職して、会社帰りにはパチンコ店が閉店していただけですが、とても効果がありました。

ほぼ、毎週のように休日出勤があり、やっと休めた休日は疲れ果てて、パチンコに行く気力もなく、ただ眠り続けるという生活を3年ほど続けていました。

あの時、悪い習慣を止めることができたので、今でもパチンコは行っていません。

 

良い習慣を続ける

新しい習慣を身に付けるためには、少しずつでも良いので毎日続けることが良いです。

この「毎日続ける」というのが厄介なんですよね。

1日でも休んでしまうと、「まぁ、いいか」という気持ちが湧いてきて、次の日も休んでしまいます。

私は散歩を習慣化しようとしたのですが、1年ほど続けていたのに、失敗してしまいました。

1年ほど続いた理由は「ポケモンGO」です。

少しでも歩いておくと、何かと良いことがおこります。

しかし「ポケモンGO」をスマホから削除してしまったんですよね。

散歩の習慣化には良かったのですが、生活の中で悪影響も多く、総合的にやめた方が良いという判断でした。

その後、散歩を習慣化するための良いツールが見つかっていません。

できれば、ゲームの要素はあった方が続くと思いますが、ゲームアプリじゃない方が良いと思います。

健康だけではなく、考え事をするのに散歩は適しているので習慣化したいのですが、暑かったり寒かったり、天気や気候の影響でモティベーションに差が出るので難しいですね。

リクナビNEXTに登録して社内SEの求人情報を確認する

 

習慣がラクに続く人

乾布摩擦

習慣超大全」という本が出版されています。

ダイヤモンドオンラインの紹介記事はコチラです。
⇒ https://diamond.jp/articles/-/271900

習慣超大全」は、習慣化のテクニックが紹介されている本ですが「継続の秘密は『小さい行動』から始めること」というのは、取り組みやすくて良いですね。

そして「中断しても『再開』すればいいだけ」というのが真理だと思います。

私が散歩の習慣化に失敗したのも雨が降って1日休んでしまった後、「おわった」と思ってしまい、再開しなかったからです。

「連続〇〇日」というのがモティベーションになっていました。

それよりも、これまでの積み重ねを重視すべきなんですね。

「小さい行動」「再開」が習慣化のキーワードだと感じました。

 

英会話を再開させる

音声入力

散歩の他に習慣化に失敗したものがあります。

それは「英会話」です。

お気に入りのポッドキャストがあって、それを聞いている間は少しずつですが英語の勉強をしていました。

しかし、ポッドキャストが更新されなくなり、それ以来、全く英語に触れる機会が無くなってしまいました。

「再開」させるには良いタイミングです。

新しい番組を見つけて、英会話に触れるチャンスを得たいですね。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事