女性経営者が嫌いです!思いがけないマインドブロックの存在!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

転職できなかった52歳社内SEのおぐです。

ふと、思いがけないマインドブロックの存在に気が付いてしまい、驚いてしまいました。

先日、クラブハウスについて記事にしたのですが、モデレーターの雰囲気に馴染めなくて、あまり聞いていません。

なんと表現して良いのかわかりませんが、ポジティブなというか、前のめりなというか、起業家っぽい感じの女性が苦手です。

生理的にムリです。

その源泉を辿ってみると、意外なことを思い出して納得しました。

女性経営者が嫌いです、という話です。

 

スポンサーリンク

女性経営者が嫌いです

お金持ちになれない理由をいろいろ考えているのですが、お金持ちを嫌っているというか恨んでいるように思いました。

それは、自分が子供の頃に経験したことから抜け出せていない証拠です。

私の母親は、いつも仕事に対する不満を口にしていました。

給料が安いとか、仕事の出来ない男性よりも評価されていないとか、そんな感じです。

小学生だった私は、母の言葉をそのまま鵜呑みにするしかありませんでした。

母が恨んでいたのが、その会社の女性経営者です。

昔は、ただのオバちゃんだったのですが、先代が亡くなり跡を継いでからケバいオバちゃんになりました。

今でもその女性経営者のような人に出会うと虫唾が走ります。

どんな人であろうとも、生理的に無理だと拒絶してしまうんですよね。

それと同じように、お金を稼ぐということを否定的に捉えてしまっているように思います。

「自分だけいい目を見て」

そんな妬ましい気持ちを持ってしまいます。

 

ゴミみたいな大人たち

何が嫌だったんだろう?

家では、いつも会社の悪口を言っていた母親ですが、次の日には普通に出勤していました。

いつも「あんたを食べさせなければいけない」とプレッシャーのかかる事を言われて辟易とした。

嫌なら辞めればいいし、辞められないのなら子供を捌け口にするな、なんて当時は思っていなかっただろうなぁ。

どんな顔して、母親の話を聞いていたのか思い出せない。

というか、怒られている時に、そんな話を聞かされていたから、反論もできなかった。

その上、叔母からは「あんたを育てるために、どれだけ苦労していると思っているのか」みたいな事を散々聞かされていたから、自分が諸悪の根源みたいに感じていたんだろうなぁ、と思う。

ゴミみたいな大人たちに囲まれて育っていたと、つくづく感じます。

GIGOって知っていますか?

「Garbage In, Gospel Out」の頭文字をつないだ言葉で、ゴミを入れればゴミが出てくる、というような意味です。

お金持ちになるには、お金持ちのマインドが必要です。

そして、お金持ちのマインドは、お金持ちの肉体に宿ります。

まずは金(筋)トレからスタートでしょうか。

 

マインドブロックだらけ

昔の事を紐解いていくと、自分の成長を妨げているマインドブロックが見つかります。

最近、そこかぁ、と思うことが多くてビックリしています。

固定概念が多いんですよね。

こうじゃなきゃいけない、と思い込まされて育ってきたんだと思います。

残りの人生が少なくなってから気づくのではなく、もっと早く知りたかったですよね。

というか、今まで知らなくても生活できていた訳だから、知らなくても良かったことなんでしょうか?

ただ、お金持ちになれるチャンスは何度もあったのに、それを掴み切れなかったのは、何か理由があるからです。

自分でブレーキを踏んでいたとしか思えないこともありました。

マインドブロックだらけで、この先、やっていけるのか不安になります。

感謝が足りていません。

 

気が付けば直していける

マインドブロックの存在に気が付いたのは何年も前の事です。

少しずつ改善してきていますが、次々にマインドブロックが見つかります。

そんなところもマインドブロックかぁ、と落ち込んでしまうこともありますが、気が付けば直していけるんですよね。

すぐにマインドブロックを解除できなくても、少しずつ外していけます。

若い頃は、ただのコンプレックスだと思っていたのですが、もっと根深いことでした。

いつまでも引きずっていても重いだけなので、全て脱ぎ捨てて軽くなりたいですね。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事