50代社内SEでも転職しやすい職種とは?邪魔する3つのこだわり!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

転職できなかった52歳社内SEのおぐです。

50代の社内SEが転職するのは難しいです。

特にこだわりが強いと転職先は見つかりません。

こだわりを捨て、50代社内SEでも転職しやすい職種は何なのか考えてみます。

 

スポンサーリンク

50代社内SEの転職を邪魔する3つのこだわり

私が転職先を検索する時にこだわっている条件が3つあります。

  • 給料・年収
  • 正社員
  • 社内SE

そもそも転職しようと思った動機が経済的な理由だったので、年収は絶対的な条件です。

正社員にこだわっているのは、以前、契約の派遣社員として働いていた時に雇い止めにあい、その後の再就職で苦労した経験からです。

そして、これはそんなにこだわっていないのですが、社内SEという職種で転職先を探しています。

こだわっていないと言いながら、営業やタクシードライバーのオファーが届いても断ってしまうので、実はこだわっているんでしょうね。

50歳を過ぎて、未経験の職種に挑戦するのも勇気がありません。

特に営業の仕事は、すぐにへこたれてしまいそうな気がして、挑戦できません。

 

50代社内SEでも転職しやすい職種

転職サイトに登録していると、プロフィールなどを見た採用担当者からオファーが届きます。

よく届く求人オファーの職種が3つあります。

  • 住宅やリフォームの営業
  • タクシーやトラックのドライバー
  • 派遣SE

住宅やリフォームの営業職は、誰にでもオファーを出しているんじゃないでしょうか?

若い頃に登録していた時も、営業の仕事はオファーが届きました。

住宅やリフォームだけでなく、保険などの営業職で「応募しませんか?」というメールが届きました。

次に多いのが、タクシーやトラックのドライバーです。

私は車の運転が下手なので、運転を仕事にする気がありません。

1日も早く、自動運転車が実用化されて欲しいと思っています。

最後に、人材派遣会社の客先常駐SEです。

これが現実的な選択肢かなぁ、と考えていますが、それほどシステム開発が得意な訳ではないんですよね。

プログラミング言語も、最新の知識は無いので、昔、習得した技術を今も使い続けているだけです。

WEBシステムの開発なども、対応しきれない感じです。

何も考えずに転職してしまえば、上手くいくのかも知れませんが、次に再就職するのが難しいと考えているので、挑戦できず足踏みしてしまいます。

 

人材不足の業界や職種は何?

50代の人の転職先と言って、思いつくのは警備関係の仕事ですね。

現在は、警備の仕事も減っていると思うので、以前のように採用されるのかわかりません。

あと、いつでも人材不足な業界として、介護関係の仕事が思いつきます。

転職サイトでは、あまり見かけない仕事ですが、ハローワークの求人検索では、よく紹介されるようです。

どちらかと言えば、自分が介護される年齢に近いと思いますが、今は、老人が老人を介護している状態なので、それだけ需要があるのでしょうね。

気になるのは、年収です。

人不足なはずの介護関係の仕事ですが、給料が安いイメージです。

介護関係と言っても、介護施設だけでなく介護タクシーなどもあるようなので、調べてみると良いですね。

 

こだわりを無くせば転職できるか?

私が転職する際にこだわっていることですが、3つのうち、1つでも妥協できれば、転職できる可能性が高くなります。

というか、給料ですね。

給料・年収については、これまで受けてきた面接で、不合格となった理由でも挙げられているので、ここを妥協することで明るい兆しが見えてきます。

しかし、元々、経済的な理由で転職活動を始めたのに、今よりも収入が減るような会社に転職しないですよね。

それなりに給料水準の高い会社での面接なら、「御社の規定に準じます」と言えるのですが、難しいところですね。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事