VBAプログラミングは安い?WEB開発の値段相場は?おすすめの言語!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

転職できなかった52歳社内SEのおぐです。

久しぶりにVBAでプログラミングしています。

取引先の仕様変更の影響を受けて、システムの改修を行っているのですが、データの受け取り部分はイチから作り直しとなりました。

他の部分に影響が無ければ良いのですが、内容を確認するのが怖いです。

 

スポンサーリンク

VBAプログラミングの開発は安い?

プログラミング

VBAはVisualBasicというプログラミング言語をアプリの中でマクロのように使えるようにした言語です。

私が初めて使ったのはExcelのVBAで今から25年以上前の話です。

Macで動くWingzという表計算ソフトで開発されたプログラムがあり、ポリゴンを使って複雑な表というかチャートを表示していたのですが、それをExcelに移植するという作業を行っていました。

当時は、Lotus1-2-3にもマクロ機能があり、どちらに移植した方が良いのか検討したのですが、VBでの開発経験者が多かったので、VBAの方が親和性があるだろうということで、Excel VBAでの開発ということになりました。

出来上がったソフトというか、アプリというか、エクセルシートは、とある外資系企業に納品したのですが、当時の金額で100万円の売上でした。

開発にかかった人件費から考えると赤字なんですが、エクセルシートに100万円というと、かなり高価な感じがします。

値ごろ感というやつですね。

当時の感覚なので何とも言えませんが、工数精算していたら、倍以上の金額になっていました。

個別開発なのでユーザーにどれぐらい価値を感じてもらえるかだと思いますが、同等の機能だったとしても、VBでソフト開発していれば、もっと高く交渉できただろうと思います。

 

WEB開発の値段相場は?

IT土方

今だと、WEBシステムの開発が儲かるかも知れませんね。

おしゃれなブログだと、個人商店向けでも数十万円ぐらい請求できそうです。

ブログならレンタルサーバーにWordpressをインストールして、良さそうなテーマをあてて、設定を変更すれば出来上がります。

慣れた人なら短時間で完成させることが可能です。

美的センスが必要だと思うので私には無理ですが、テクニカルな部分だけなら構築できます。

javaやPHPなどの言語を使ったWEBシステムの開発だと、かなり大きな金額が動きます。

個人で受注できるような単位では無くなってしまいます。

ハードウェアにお金がかかると開発の費用も高額になります。

以前、100億円規模のWEBシステムのプロジェクトに参加した事がありますが、サーバーも自前でした。

今ならクラウドを使って開発するのが主流だと思いますが、当時はWEBサーバーもDBサーバーも自社のマシンルームに設置して運用していました。

開発ルームには人がたくさんいて、毎日がお祭りのようです。

あんな雰囲気だと、プロジェクトオーナーもお金がかかっているなぁ、と実感できるのでしょうね。

 

エクセルってスゴイ

チャート

私が新入社員の頃は、表計算といえばロータス1-2-3で、ワープロといえば一太郎でした。

まだ、MS-DOSの時代で、「123」とコマンドを打てばロータスが起動して、「taro」と打てば一太郎が起動するようにバッチファイルが設定されていました。

社内で使っているシステムはオフコンで開発されたもので、集計キーを変えるとか、表の並び順を変えるのも、プログラム変更が必要でした。

そのため、プログラムがたくさんありました。

同じようなデータでも、印刷する時に「日付順」「伝票番号順」「地域別」「担当者別」みたいな感じです。

今では考えられませんね。

たぶん、CSV形式でデータ出力して、エクセルで並べ替えしますよね。

それをユーザーができるようになったのがスゴイです。

当時から出来たかもしれませんが、出力したデータをオフコンからパソコンにコンバートするのも手間だったので、自分で作業できるユーザーはほとんどいませんでした。

 

リテラシーが高くなるほど相場は安くなる

誰でもパソコンを操作できるようになってくるとプログラミングの相場も安くなっていくのでしょうね。

特に、VBAのように習得しやすいプログラミング言語での開発だとライバルが多くなり、単価も下がっていきます。

今なら、オフコンでCOBOLの開発をしていた方が単価が高いかも知れません。

AS400でRPGの開発ができる人を募集している会社が多いようです。

廃れてしまうと思っていた技術が継続していくと、違った需要が生まれてくるようです。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事