給料が安くても仕事を続ける理由!見返りは金銭だけとは限らない!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

転職できなかった52歳社内SEのおぐです。

給料日ですが、銀行残高がギリです。

先月、ブログの教材を買ったので、その支払いがあり、綱渡りです。

それでも、リボ払いの残高を増やさず買えたのでよしとしましょう。

 

スポンサーリンク

給料が減る会社

50歳を過ぎても給料が増えると考えるのは虫が良すぎますか?

元々、そんな高給取りでもないので、せめて現状維持はして欲しいと考えています。

最低限、約束は守って欲しいものです。

10年ぐらい前は、めちゃめちゃ残業の多い会社でした。

毎日、22時ぐらいに退社するのが日常で、下手すると朝まで働いていました。

労働局から厳しい指導をうけたようで、経営陣は青ざめて残業削減に取り組みました。

しかし、残業は減りません。

一時的に少し減るのですが、すぐ元に戻ります。

基本給が安く、残業代で給料を維持しているような給料体系だったので、無理もありません。

そこで、経営者が約束しました。

「減った分の残業代は、賞与や翌年以降の昇給で穴埋めするから、残業を減らしてほしい。」

労働局に目を付けられたままだと、仕事がやりにくくなると思ったのでしょう。

中国からの実習生が重要な労働力でした。

それよりも前に、海外子会社を使った租税回避で税務署に目を付けられていたので、平穏な日常にしたかったのだと思います。

それで何とか残業は減ったのですが、それ以降、年収は下がり続けています。

約束は守られませんでした。

 

前職よりもかなり少ない給料

今の会社に転職した時、前職に比べて年収が約半分になりました。

それでも、自宅から車で通勤できるとか、転勤がないとか、社内SEとして働ける、などなど、自分の希望どおりだったので就職することにしました。

他に選択肢がなかったということもあります。

給料も「そのうち上がるだろう」ぐらいに考えていました。

甘かったですね。

世の中、そんな簡単に給料は上がりません。

簡単に下がっても、上がるのは難しいです。

下がり続けて、30代の最も良かった頃に比べると1/3の給料になりました。

どこで歯車が狂ったのでしょうね。

 

会社によって収益力が違う

倒産

給料のグチを書きたかった訳ではありません。

今朝、ポッドキャストを聞いていて投資について考えていたら、給料につながりました。

今日が給料日だったということもあります。

このまま、この会社に労働力を提供し続けたとして、会社にも自分にもメリットってあるのかなぁ?と考えました。

会社に労働力を投資していると考えるなら、その見返りは給料です。

安定的に給料は得ていますが、足りないと考えています。

同じ労働力を投資しても、もっとたくさん給料を得る方法が見つかれば、そちらに乗り換えることになります。

簡単に言えば転職です。

では、給料以外の見返りは無いのでしょうか?

例えば、自分の成長につながる経験とか、一緒に目標達成のために行動してくれる仲間とか、安心して仕事に打ち込める環境や上司とか、です。

会社として見返りを出せないのは、評価していないからでしょう。

こんな奴の給料を増やすぐらいなら、パートの人数を増やした方が良い。

そう判断しているのだと思います。

労働集約型の単純作業なので、最低賃金で雇えるパートさんは不可欠な存在です。

そういえば、最低賃金が上がりますね。

もっと、根本的に生産性を見直さなければ、いけないはずなのに、小手先のことばかりです。

同じ労働力でも、もっと給料を出せる会社もあるはずです。

 

給料が出せないなら

今は、給料が増えたらいいなぁ、と考えていますが、いつまでも同じことを考えている訳ではありません。

タイミングによっては、会社の中での役職だったり、人間関係を重視することもあるかも知れません。

もしくは、職種や働き甲斐かも知れません。

長く生きていると、重要なことが変化しているのに気が付きます。

ライフステージというか、その時に必要なモノやコトが変化しています。

最低限の給料が保障されれば、自由に働ける環境とか、安心して働ける環境が欲しかったりします。

給料が出せないなら、ウソでも従業員を褒めてみるとか、特別扱いしてみるとかすれば良いのに、奴隷ぐらいにしか見ていないんだろうなぁ、と考えてしまいます。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事