So-netのこんてんつコースから退会できない!憧れの会社だったソニー!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

転職したい50代社内SEのおぐです。

So-netのこんてんつコースから退会できなくて困っています。

本当にSo-netはイライラする。

以前もSo-netのサポートセンターの人とトラブルになり、キレてしまった事があるのですが、あれでソニーが嫌いになりました。

 

スポンサーリンク

So-netのこんてんつコースから退会できない

googleのアカウントを整理しようと思い、保存されているパスワードを確認しています。

すでに使わなくなったブログサービスのパスワードが保存されていたりして、アカウントが生きているのかログインして確認しています。

無料サービスなので、何か費用が発生する訳でもないのですが、アカウントが生きているとパスワードも残ってしまうので、セキュリティの観点からも、使っていないサービスからは削除したいと考えました。

FC2やamebaなどは簡単に退会できたのですが、So-netから退会ができずイライラしています。

サポートページに「退会はコチラ」みたいなリンクがあったのでクリックするのですが、このサービスではご利用できません、となります。

かといって、問い合わせ窓口がある訳でもなく、AI相手にチャットで質問しても埒があきません。

イライラしていたら、思い出した事があります。

何年か前のことですが、So-netからメールが届くので、止めようと思いログインを試みました。

しかし、ログインIDがわからず、止めることができません。

サポート窓口に電話して、事情を説明するのですが、ログインIDがわからなければ止めることができないということでした。

メールが届いているので、そこからログインIDを調べてくれれば良いだけなんですけど、それはできないということです。

1時間ぐらい押し問答になったような気がします。

私もイライラが募っていたのでしょうね。

かなりの暴言を吐いていたと思いますが、会話を録音していたので、ネットで晒す、とまで言っていました。

何だろう、So-netの対応って、ホームページにしてもサポートの電話にしても、私と相性が悪いみたいで、すごくイライラします。

退会ぐらい、ササっと手続きできるようにしてくれれば良いのに、なぜに面倒な手続きを踏ませようとするのか理解できません。

こういった会社とは付き合わないようにしたいと思いました。

 

憧れの会社だったソニー

結局、So-netからは退会できていないのですが、ソニーという会社が大嫌いになりました。

ソニーといえば、子どもの頃、憧れていた会社です。

お年玉を貯めてウォークマンを買ったのは中学生の頃です。

家のテレビは、ソニーのブラックトリニトロンでした。

VHSのビデオデッキも持っていなかったのに、8mmビデオのデッキ型を買いました。

パソコンはVAIOを使い、自動車保険はソニー損保でした。

何度か、ソニーの工場やSo-netに就職したいと思い、試験を受けに行ったこともありました。

それが、大嫌いな会社になってしまうので不思議な感じです。

よく考えたら、PS2を最後に、ソニーの製品って使ってないですね。

ネットサービスも、ゲームをしないので、So-netのブログを使っていたぐらいで、それも退会したら、全く縁のない会社になりそうです。

画像センサーなど、知らないところで使っているかもしれませんが、自分から好んでソニーの製品を買ったり、サービスを利用するようなことは、今のところなさそうです。

この30年ほどで、ソニーは全く違う会社になってしまったようです。

 

お金の使い方が変わってきた

若い頃は、ボーナスなど大きなお金が入ると、パソコンやデジカメなど、モノを買っていました。

車などはローンを組んで買っているので、常に支払い続けているイメージです。

最近は、大きなお金が入っても、何かモノを買った記憶がありません。

せいぜい、スマホぐらいです。

それよりも、月々の支払いのために残しておくことが多いです。

サブスクを利用しすぎているのか、月々の支払いが多くて困ってしまいます。

定額というほど利用していないので、解約してしまえば良いのですが、家族からのクレームが多くて、簡単に止められません。

既得権益って怖いですね。

あって当たり前に思われてしまうと、やめるタイミングを見失ってしまいます。

サブスク、恐るべし。

見事なビジネスモデルを思いついたものです。

 

10年後に生き残る企業

企業の生存率は1割に満たないと言われています。

9割以上の会社は、設立されてから10年以内に無くなっているということです。

日本のように中小企業が多いと、企業の体力も弱いので、そうなりますよね。

しかし、大企業に限ってみれば、東証一部上場企業の面子も10年前と大して変わらないような気がします。

最近だと、東芝が危なくなったり、レナウンが経営破綻したりしていますが、トヨタも三菱商事もNTTも健在です。

多少、順位の変動はあるかも知れませんが、こういった大企業は数年おきに何かしらヒット商品やサービスを生み出しています。

ソニーのように、主力の事業が変わってしまうような企業もあります。

生き残っているんですよね。

これって、終身雇用の結果なんじゃないかと思います。

日本は転職するのが、とても難しい社会です。

会社が倒産したら、従業員も家族も路頭に迷います。

従業員が背水の陣で必死に働くからこそ、企業が生き残るんじゃないでしょうか。

日本が、もっと簡単に転職できる社会だったら、ここまで多くの老舗企業が残らなかったような気がします。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


スポンサーリンク
おすすめの記事