中高年のための面接対策!聞かれる定番の質問は準備をしておこう!

ついに書類審査を通過し、面接までたどりつきました。

面接用にスーツも購入し、準備を始めています。

これも投資ですね。

普段は作業着で仕事をしているので、この10年以上、礼服しか買ったことがありませんでした。

靴も必要ですね。

1次面接ということですが、何次まであるのでしょう?

時節柄、WEB面接なんですが、初めてなんですよね。

キンチョーする。

転職エージェントの方から面接に向けての宿題をいただきました。

事前の面接対策も実施してくれるそうです。

何か、手厚いですね。

 

スポンサーリンク

中高年のための面接対策

新卒の採用面接と中高年の転職面接では、見られるポイントがおのずと違ってくるようです。

転職エージェントから中高年のための面接対策として次のような助言を頂きました。

「中高年の方は、質問に対する答えが、重複していたり、不必要に長かったりして、無駄が多くなりがちです。
 自己アピールしすぎて、一人で話を独占してしまうと、ほぼ次のステップにすすめません。
 面接官の質問には、簡潔に分かりやすく回答するように心がけてください。」

話の内容が重複したり、不必要に長いって、よくわかります。

考えがまとまらない時から、話をはじめないといけない気がして、あせっていると、同じことを何度も言ってしまうんですよね。

相手の表情を見ながら話をするのですが、反応が薄かったりすると、理解されていないと思ってしまい、同じことを繰り返したりします。

何度も会って話をしている人だと、その人の反応のクセを知っているので、どこまで話せば良いのか、感覚的にわかりますが、初めての人だと、難しいところですね。

 

聞かれる定番の質問は準備をしておこう

転職

面接で聞かれる定番の質問というのがいくつかあります。

例えば、転職理由や志望動機と言ったものです。

求人情報サイトで企業にエントリーする時に、履歴書や職務経歴書と同時に提出することもありますが、書類審査ではあまり重要視されないことです。

今回、面接を受けるのは、研究開発型の製造メーカーなので、理系の人が多いイメージです。

面接を行って頂ける役員の方も、バリバリの研究者のようで、ネットで検索すると技術系の専門書の著者として見つかるような方です。

そうであれば、回答もロジカルにした方が良いかも知れないと考えました。

私は凡人なので、どちらかと言えば共感タイプです。

これまで転職エージェントなどに説明してきた転職理由も情に訴えかける内容のものが多く、論理的に整合性が無くても、ニュアンスで理解してもらってきました。

聞かれるのがわかっているような定番の質問であれば、準備ができます。

もっと、ロジカルな表現にアレンジして準備をしておこうと考えています。

 

面接で言ってはいけないこと

ネットで面接対策を検索してみると「面接NG回答」のようなページが見つかります。

私が転職理由として挙げている「給料が安くて」は、NGということです。

そりゃそうでしょうね。

しかし、それ以外に転職理由が見当たらない時は、どうすればいいでしょうね?

50代になってから「新しい分野に挑戦したくて」なんて、どれだけチャレンジャーなんだよ、って感じですね。

思いつきも何もありません。

NG回答集があるのはわかっていますが、就職って相性だと思います。

私がその会社に入ってから幸せになるか、不幸になるのか見極めてもらっていると思うので、あまり作りこみすぎると、たとえ採用されたとしても、入社してからが大変ですね。

ウソでは無いけど「目標にしている自分像」を少し取り入れるのが良いのではないでしょうか?

 

面接の予行練習

準備が出来次第、転職エージェントの方が模擬面接を行ってくれるそうです。

転職エージェントの方は、私が企業に採用されなければタダ働きです。

何に勝算があると思ったのか知りたいです。

そうすれば質問の回答も準備しやすくなりますね。

客観的に捉えられない自分の強みが、専門家なら見えているのかもしれません。

お金にしか見えていないのかも知れませんが、今は転職に力を貸してもらえる人の存在がありがたいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事