面接1回の会社に就職したいですか?長く勤務し続けるコツは?

転職情報サイトから送られてくるメールを見て、少し違和感を感じました。

「面接1回の会社」

そういったニーズがあるんでしょうね。

求人情報を検索する時のオプションにも「内定まで2週間」等と並んで「面接1回」で検索できるようになっています。

 

スポンサーリンク

面接1回の会社に就職したいですか?

就職を恋愛に例えて、1回会っただけで結婚するか?みたいなツイートを見たのですが、
お見合いだったら、それもありかなぁと思います。

お互いのことを知っている人が、客観的に「この人たち相性が良いはず」といって
引き合わせてくれたのであれば、1回しか会ってなくてもうまくいく可能性が高いと思う。

求人情報サイトにしても、面接は1回かもしれないけど、書類選考もあって、
事前に会社のことを調べているだろうから、面接の回数は関係ない。

ただ、何かに焦っていて、冷静な判断ができない状態の時は決断しない方がいい。

焦って決断した結果、何度も転職を繰り返してしまったことがあります。

 

長く勤務し続けるコツは?

中年

言っていることが全く違うのだが、私の場合、
自分が希望していなかった会社の方が長続きしている現実がある。

20代、30代の頃は、何度も転職を繰り返していたのだが、
40代になると転職しようという気力も無くなってしまうようだ。

何度も転職を繰り返している私が最も長く勤めている会社は
面接が1回だったし、会社のことを良く調べて就職を決めた訳でもない。

いつでも人手不足なので、応募すれば誰でも入社できる

福利厚生は、徐々に良くなっているが、入社した時は最悪だった。

今でも年間休日は少なくて、週休2日なんて、年に数回だし、
有給休暇が自由に使えるようになったのも、最近の話。

それでも10年以上勤めているのだから、
他に選択肢が無いというのは、
働き続けるモティベーションになるのだろう。

 

新卒で就職した会社が良い会社とは限らない

倒産

大学生の時に企業研究して、就職した会社が良い会社かどうかはわかりません。

ただ、調べる時間はたくさんあるし、教授や就職課の人たちが
たくさんアドバイスしてくれているはずなので、
大外れはないでしょう。

時間をかければ、かけるだけ愛着がわくので、
良い会社だと思えるはずです。

ここまで情熱をかけて就職活動した会社なのだから
良い会社のはずだ、と思い込みたくなるはずです。

そんな会社に就職できたのであれば、入社後も一生懸命働くでしょう。

ただ、勘違いしていたのであれば、それはすぐに認めましょう。

いつまでも引きずってはいけません。

世の中に会社なんて星の数ほどあります。

日本は終身雇用の会社が多いので、
大企業に再就職するのは難しいかもしれませんが、
自分に合った会社に出会える可能性はあります。

 

長く勤めるには好きになる努力が必要

結局、最後まで言いたいことがハッキリしませんが、
面接の回数で会社を選ぶのもアリかなぁ、と思っています。

会社に長く勤めることを目的としているのであれば、
自分の覚悟が必要ですね。

就職する時に苦労して、次の転職先が見つからないとなれば
転職は諦めて、今の仕事に取り組もうと思います。

その場合、嫌々仕事をしていても辛いだけです。

どんな仕事であっても、どんな会社であっても、
好きになる努力をしましょう。

最低限でいいんです。

「好きを仕事に」みたいなチャッチフレーズのCMがありましたが、
「仕事を好きになる」が長く勤めるコツなんじゃないかと思います。

どんな仕事でも、嫌な面もあれば、素敵な面もあります。

嫌な面ばかり見ていれば、どんどん嫌いになります。

ほんの少しかもしれませんが、好きな面を見つければ、
仕事が楽しくなります。

受け売りですが、気持ちは自分で決めて、選択できます。

表情、動作、言葉、を意識すれば良いそうです。

会社に行って、仕事が楽しむ自分を想像して、演じてみたらどうでしょう?

私は、仕事を好きにはなれませんでしたが、
会社に行く楽しみを見つけて、勤務を続けています。

現状維持であれば、もう少し、続けられます。

定年までと考えなければ、意外と続けられるかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事