無資格の未経験者でもIT転職に成功したい!DX人材に採用される裏技!

転職エージェントの方と話をしていて、
IT人材が不足しているという噂を聞きました。

採用活動が活発になっているそうです。

求人情報サイトを見ても、大企業から中小企業まで、
IT業界での募集が多くなった印象があります。

以前から募集の多い、JAVAを使ったWEB開発の仕事だけでなく
DXに対応できる人材の確保を積極的に行っています。

 

スポンサーリンク

無資格の未経験者でもIT転職に成功したい

プログラマー

求人情報を検索していると「未経験者歓迎」と
書かれたIT業界の募集を見かけます。

若い人向けの募集だと思いますが、IT人材が不足しているので、
自前で育成する覚悟を決めた会社が増えているのでしょう。

未経験と言ってもプログラミングの経験が無いだけで、
全くパソコンに触れたことがない人って、そんなに多くないハズです。

スマホまで含めれば、ほとんどの人が「操作経験者」です。

私が勤めている会社でも、この10年で情報化が進みました。

現場にパソコンを設置して在庫確認をするだけでなく、
情報端末を使ってピッキング作業を行ったり、
受け入れや棚卸を行ったりしています。

見た目はスマホと同じ情報端末をパートさんが使いこなしています。

それでも、この人たちを「経験者」とは呼ばないですよね。

かといって「未経験者」という訳でもありません。

IT関連の職種に関して、IT技術が一般に浸透すればするほど、
「経験者」と「未経験者」の境界があやふやになってきます。

仕事として未経験でも、自宅でパソコンの初期設定をしたとか、
Wifi機器やルーターの設置をしていれば、仕事に役立ちます。

ただ、履歴書や職務経歴書には、自己PRでしか書けないですね。

それなら未経験者でも初心者向けの資格を持っていると
採用側の見る目が違ってきます。

 

未経験者におすすめのIT資格

試験

ITに関連する資格には民間企業が主催しているベンダー系の資格や
公的な情報処理技術者試験があります。

普段からパソコンを仕事で使っていて、ExcelやWordが得意の方は、
MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)がおすすめです。

パソコンの利用者として取り組みやすい資格としては、
情報処理技術者試験のITパスポートがあります。

どちらも初心者向けの資格です。

ITパスポートの取得は、大卒の新入社員に勧める企業が多いです。

法学部を卒業した親戚の子が、通信機器のメーカーに就職しましたが
入社までにITパスポートを取得するように指示されたそうです。

初心者がITの基礎知識を習得するのにちょうど良い資格なんでしょうね。

 

未経験者向けのITスクール

就職支援とセットになった未経験者向けのITスクールがあります。

ネットビジョンアカデミー(NVA)
ITエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

ネットビジョンアカデミーでは、未経験からITエンジニアを目指す方にネットワークエンジニアになることをオススメしております。
未経験者からのハードルが低く、手に職をつけることができます。

スマホ、クラウド、今後爆発的な発展が見込まれるIoTに関わる通信インフラを支え進化させるエンジニアとして、将来まで見据えた安定したキャリアプランの実現が可能です。

当スクールでは、20代の第2新卒、既卒、フリーター、公務員を目指してた方に、ネットワークエンジニアの資格・就職をサポートします。

まずは、1カ月間ネットワークエンジニアとしてのスキルを学びネットワークエンジニアの登竜門となるCCNAの資格を取得して頂きます。

現役エンジニアが現場の活きた知恵をご提供します。
その後は、就職先をご紹介させて頂き、スキルを活かした仕事を始めます。
講座代、テキスト料等は一切【無料】で受講できます。

DMM WEBCAMP
【DMM WEBCAMP】

転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!
プログラミング未経験者でも安心のサポート体制で
受講者満足度も90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】

無料プログラミング&就職塾
20代 未経験から転職を 無料プログラミング&就職塾

学歴、職歴関係なし。必要なのはやる気だけです。
プロエンジニアなら、短期集中型で無料でプログラミングを学べます。
さらに、3500件の求人の中からあなたにぴったりの会社をご紹介。

就職率90%以上の【完全無料プログラミング研修&就活塾】

GEEK JOB
GEEK JOB

第二新卒向けの就職支援サービス【GEEK JOB】
未経験からプログラマーへの転職率95.1%

 

現場目線でDX人材に転身する裏技

わざわざ転職しなくてもIT関係の仕事をする方法があります。

資格も経験も必要ありません。

自分が働いている現場のシステム担当者になってしまえばいいだけです。

ちょっとしたパソコンのトラブルを率先して対応していると、
パソコンでわからないことがあれば、あいつに聞けとなってきます。

最初は、わからない事ばかりかも知れませんが、
ネットで調べれば、大抵のことは解決できます。

調べ方のコツさえ掴めば、動画を使ったりして
親切に解説してくれる人がたくさん見つかります。

そうやって、現場のパソコン担当になった後に、
現場で作業している担当者として、システム化したら便利だよね、
というのをどんどん提案していくと良いでしょう。

エクセルを使った自動計算でもシステムです。

パソコンの操作に自信があれば、無料のRPAツールを使って
作業を自動化するのも良いでしょうね。

プログラミング言語がわからなくても使えるRPAツールがあります。

RPAって、実は簡単なんです。

大きな会社であれば、情報システム部みたいな部門があって
システム化を主導していると思います。

部署としてシステム部門が無くても、
総務や経理など本社部門で担当しているかも知れません。

工場だと工務課が兼務しているかも知れません。

どこも忙しいので、現場から業務がわかって
システムを知っていそうな人が見つかれば
すぐにDX人材のシステム担当として登用されるでしょう。

やる気があれば、ITパスポートなどの資格に挑戦して
ITに関する知識を体系的に勉強すると良いです。

資格を持っていると、上司も人事に推薦しやすくなります。

スポンサーリンク
おすすめの記事