社内SEへの転職で成功する人の特徴!好印象な志望動機!

社内SEへの転職が人気です。

DX人材が慢性的に不足していることもあり、
多くの事業会社で採用活動が活発になっています。

しかし、目先の給与や待遇だけで社内SEへの転職を決断してしまうと
後々後悔することになるかも知れません。

社内SEへの転職で失敗する人の例を参考に
成功する人の特徴を考えていきます。

 

スポンサーリンク

社内SEへの転職で失敗する人の例

開発会社でSEを経験していると
「顧客企業の社内SEって楽そうだなぁ」
と感じることがあります。

開発SEは、納期に追われて仕事をしているので
時間感覚の違う社内SEと接すると、
それだけで「楽な仕事」と勘違いしがちです。

楽な仕事だからと社内SEを希望する人が
見落としていることがいくつかあります。

社内SEへ転職して失敗した人の例を挙げてみます。

  • 雑用ばかりでスキルが身につかない
  • 何でも押し付けられて対応させられる
  • 人間関係が複雑
  • 評価基準が不明確で昇給・昇進しにくい

会社の規模にもよりますが、
私のように零細企業の社内SEだと悲惨なことがたくさんあります。

雑用ばかりでスキルが身につかない

社内SEと言っても、ほとんど仕事は、
誰でもできる雑用というレベルの作業です。

パソコンの設定や無線LANの接続ぐらいなら
うちの中学生の息子でもやります。

多少のトラブルでもネットで調べれば対応方法が
すぐに見つかるような内容です。

仕事なので対応しますが、
そんなことをどれだけやっても
評価されるスキルにはなりません。

何でも押し付けられて対応させられる

社内SEの位置付けは、経理や総務と同じ間接部門です。

利益が出ていて、投資を積極的に行っている企業なら良いですが

そうでなければ、外注化できず、
何でも社内SEが対応しなければいけなくなります。

開発に関わったシステムならメンテナンスぐらいできますが
全く知らない言語で開発されたシステムの改造までやらされるハメになります。

人間関係が複雑

情報システム部として組織がしっかりしていれば良いですが
総務や経理など本社部門としてシステム担当が存在するようだと
上司がハッキリしない場合が多いです。

また、システム修正は現場の責任者から直接依頼されるので
誰の指示で仕事をしているのかわからなくなります。

命令系統と実際の業務指示が一致せず、
人間関係が複雑になります。

評価基準が不明確で昇給・昇進しにくい

社内にシステム担当が他にいなければ、
社内SEをどのように評価して良いのかわからない人ばかりです。

所詮、サラリーマンなので真面目に働いていても
評価される訳ではありません。

社内で立場がこじれてしまうと、
私のように50代であっても
大卒の新人と同じような年収になってしまいます。

 

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事は大きく以下のとおりです。

  • 社内システムの構築・運用・改善
  • 社内IT機器の設置・管理
  • 外部委託先の選定・発注
  • ユーザーサポート、ヘルプデスク
  • 社内の情報セキュリティ対策

所属する会社によって、仕事内容は大きく異なるので
自分のやりたい事が実現できるのか
よく確認する必要があります。

社内SEで求人サイトに掲載されていても、
アプリ系なのか、インフラ系なのか、で大きく異なります。

何でもできる人材が好まれる傾向にありますが、
専門的な深い知識は求められないことが多いです。

社内SEのメリットについても考えてみます。

社内SEのメリット

これも会社規模などによって異なってくるのですが
一般的に言われている社内SEのメリットです。

  • 勤務場所が変わらない
  • 残業が少ない
  • IT戦略など上流工程に関われる
  • 社内でのシステム開発なので納期がゆるい

私が社内SEを続けているのは
「勤務場所が変わらない」という理由が大きいです。

乗り物酔いがひどい体質で、公共交通機関を利用できないので
開発SEのように、プロジェクト毎に常駐先が変わったり、
都度、出張があるような職種だと精神的にやられます。

残業については、社会問題になっているので
大手SIerでも減る傾向にあります。

 

社内SEへの転職で成功する人の特徴

社内SEへの転職で成功する人の特徴を挙げてみます。

  • 若くて真面目で健康
  • コミュニケーション能力
  • 会社の事業に関する興味
  • プロジェクトマネジメント能力

日本には終身雇用という制度があります。

定年まで雇用が保証されています。

そのため、若い人の方が採用で有利に働きます。

社内SEのような間接部門の人材採用に関しては、

できれば、20代後半

遅くても、30代半ば

それぐらいが転職適齢期といえます。

あとは、現場の人たちとコミュニケーションがとれて、
会社の事業を理解し、
プロジェクトを円滑に推進できれば

社内SEとして上出来なのではないでしょうか。

高度なプログラミング技術が求められることは
ほとんどありません。

どちらかといえば、人柄が重視される職種です。

 

社内SEへの転職で好印象な志望動機

戦略

社内SEへの転職では、しっかりとした準備が必要です。

開発会社のSEであれば、スキルが評価されて採用ということがよくあります。

社内SEは人物重視の採用が予想できます。

それは、事業会社で採用されるため、評価基準が他の社員と大きく変わらないからです。

そのため、職務経歴書の中で「志望動機」の欄は、よく見られることになります。

他の職種での転職の時も同じですが、志望動機にネガティブワードの使用はNGです。

私のように「年収が少ない」なんて厳禁です。

そして、応募する企業のニーズに合わせて志望動機を書きましょう。

社内SEになりたいということと同時に、応募する企業の人材として貢献できることをのアピールが必要です。

志望動機は面接の担当者だけでなく、採用責任者など多くの人が最も注目する項目なので、よく考えて記載しましょう。

実際に書いた志望動機は、転職エージェントなどに確認してもらうのが良いですね。

職務経歴書や履歴書は転職エージェントに添削してもらったり、書き方のアドバイスをもらうと良いです。

社内SEへの転職で頼りになる転職エージェント

マイナビ IT AGENT
IT業界の転職ならマイナビ IT AGENT
Web・モバイル・アプリ制作、システムエンジニア、プログラマー、ITコンサルタントの転職ならお任せください。

<ご登録無料>

  • IT業界出身のキャリアコンサルタントがサポートします。
  • 非公開求人・当社独占求人多数
  • 大手SI・コンサルファームから「隠れた優良企業」まで
  • マイコミグループならではの企業と太いパイプ
  • 面接対策をはじめ転職活動をトータルサポート
スポンサーリンク
おすすめの記事