中年

昨年から転職活動を始めました。

2つの転職サイトと転職エージェントを利用しています。

転職サイトでは100社以上にエントリーしていますが、面接さえ行ってもらえない状態です。

わかっていましたが、かなり厳しい現実です。

 

スポンサーリンク

50代の社内SEが転職するために身に付けておくべき必要なスキル

社内SEに限らず、転職する上で年齢って大切なんだろうと思います。

自分が採用担当者でも、50歳を過ぎた応募者は、まず除外します。

私が勤務しているような会社だったら、採用するかも知れませんが、特に大手と言われるような給料の高い会社では難しいでしょうね。

50代のサラリーマンが転職する上で必要なスキルを考えてみました。

必要なのはコミュニケーション能力なんじゃないかと思います。

特に人脈です。

知人の紹介がなければ50代での転職は無理なんじゃないかと思っています。

そのためには、30代からの仕事の継続性が大切になります。

30代の頃、一緒に仕事をしていた人の中には、大手企業の役職者もいます。

今でも付き合いがあれば、仕事を紹介してもらえたかも知れません。

 

新卒の頃はC言語の仕事が無かった

マニュアル

私は、学生時代にアルバイトでプログラマーを始め、プログラミングを覚えました。

C言語を使ってプログラム開発をしていました。

しかし、新卒で入社したシステム開発会社で使っていた言語はCOBOLだったので、就職した時には、あまり役に立ちませんでした。

今でいうプログラミング思考みたいな考え方も無かったですし、フローチャートも異なっていたので、一からやり直しでした。

その後も、VBなどの言語で開発の仕事を行いましたが、開発環境によって必要となる開発言語は異なってきます。

今だとC#やJavaの仕事が多いのでしょうか?

VBAまでだったら対応できますが、オブジェクト指向の言語はなじみがないです。

やっぱり、社内SEの仕事を続けたいですね。

社内SEに強い転職サービス

 

社畜を生み出す環境

IT土方

IT業界のように新しい技術が次々と世に出てくるような環境だと、若い人が有利です。

年寄りは、身に付けた技術でいつまで仕事が続けられるのか、ビクビクしながら会社にいなければいけません。

経営層が、システムのリプレスを決めると、その内容が気になって仕方ありません。

自分の技術が使えるのか、使えないのか、一からやり直しする事になるのか、気になります。

技術だけではありません。

これまでの常識がひっくりかえることもあります。

例えば、会計基準です。

倉出しで売上計上していたのに、客先の納品が基準になると言われても大変です。

会社を変わると、今まで常識だと思っていたことさえも違うと気づいてしまいます。

何も知らなかった若い頃なら柔軟に受け止められたことも、仕事のやり方が決まってしまった年寄りには変えがたい考え方だったりします。

 

50代がキャリアの転換期

以前は「脱サラ」と言われていましたが、今は50代がキャリアの転換期だと思います。

タイミング的に会社を辞めるのはオススメしませんが、新しい仕事を探さざるを得ない環境になってしまうこともあります。

私も会社が潰れてしまったり、リストラにあったりしたら、どうしよう?

転職活動を始めて4カ月ほど経っても、面接すら受けられないのに、就職できる気がしません。

それこそ「脱サラ」でもしようかと考えてしまいます。

転職できないぐらい人脈もないのに、どんな仕事で「脱サラ」するというのでしょうか?

デジタルマーケティングの分野なら経験が活かせるかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事