スポンサーリンク

以前も紹介しましたが、食事の間隔を16時間空けるというダイエット法を実践しています。

『「空腹」こそ最強のクスリ』という本を読みました。

中田敦彦さんが、その本を紹介していたので、動画を見て感じたことを書きたいと思います。

中田敦彦さんの他にも『「空腹」こそ最強のクスリ』を紹介しているユーチューバーがみえるので、そちらについても書いていきます。

 

スポンサーリンク

空腹こそ最強のクスリの紹介動画を見て感じたこと

中田敦彦さんが紹介すると、どんな本でも読んだ気になってしまいますね。

解説が上手すぎます。

的確に解説しているので、『「空腹」こそ最強のクスリ』も読む必要が無いように感じます。

中田敦彦さんは、『「空腹」こそ最強のクスリ』を前後編あわせて約1時間で紹介しています。

本書に書かれていることは全て解説していると言っても過言ではありません。

その上、自分で実践した体験も交えて話をするので、信用できる内容になっています。

食事の間隔を16時間空けるのは難しそうに感じますが、中田敦彦さんの説明を聞いていると簡単にできそうに感じてしまうのが不思議ですね。

私は、可能な限り実践していますが、週に1回できれば良い方です。

我が家の夕食の時間が極端に遅く、いつも21時ごろになってしまいます。

朝食を抜いていますが、会社の休憩時間にあわせて昼食になるので、13時までには食べ終わらなければいけません。

だいたい16時間でしょうか?

そのためか、健康になったと実感していることはありません。

体重も微減ぐらいです。

オートファジーとか目に見える訳ではないですし、肌のツヤとか言われても、普段から気にしている訳ではないので、変化までわかりません。

ただ、1日3食は食べ過ぎだというのは、この本を読む前から聞いていた話だったので、いつかは実践したいと思っていました。

1日3食でないと不健康という思い込みがあったので、中田敦彦さんの紹介動画は思い込みを払拭するためにも良かったと思います。

 

空腹こそ最強のクスリを紹介しているユーチューバー

多くのユーチューバーが、『「空腹」こそ最強のクスリ』を紹介しています。

まずは、私が好きなユーチューバーのひとり「サラタメさん」です。

次に、『「空腹」こそ最強のクスリ』の紹介動画で圧倒的に再生回数の多い「クロマッキー大学」さんです。

最後に、複数回、この本を紹介している「本要約チャンネル」さんです。

他にも多くのユーチューバーが紹介しています。

 

16時間断食を実践して気になっていること

16時間断食を始めたばかりの頃は、片頭痛が気になっていたのですが、それは解消しました。

空腹を紛らわすためにミックスナッツを食べていたのですが、それが頭痛の原因だったようです。

チーズやナッツを食べると頭痛になる体質というのが最近わかってきました。

何かアレルギーがあるのかも知れません。

ナッツを食べなくなると片頭痛も解消しました。

中田敦彦さんは、動画の中で、1日にナッツと夕食しか食べていないと言っていましたが、そこまでストイックに実践する必要はないと思っています。

私のように食べ物によって、良くない反応がおこる人もいると思います。

体に良いと思って始めたことでも、やりすぎると良くないこともあります。

人によっては、向かないこともあると思うので、自分の体と相談しながら実践して欲しいですね。

低血糖のような症状がでる時もあったのですが、朝飲んでいたコーヒーをカフェラテに変更してから、それも無くなりました。

ヨーグルトや牛乳などもOKなので、そのあたりは融通がきいて良いですね。

今、気になっている事は、体重が減らないことです。

始めた当初は、サクッと落ちたのですが、今は停滞期のようです。

ダイエットで始めた16時間断食ですが、ユーチューバーの紹介動画では健康のためにすすめている人が多いようです。

『「空腹」こそ最強のクスリ』がダイエット本ではないようなので、当然ですね。

私としては、次の健康診断で「脂肪肝」が解消されていれば、効果があったと思えます。

POINT!

  • 16時間断食でナッツはOKだが、体質によっては食べない方が良い
  • 健康効果は長期的に観察していく

 

健康に気をつける年齢

昨年、身内に不幸があり、健康について考えるようになりました。

昨年のお正月は健康に過ごしていた家族が、今年のお正月にはいなくなっているとは考えていませんでした。

病気の原因が、小さな頃、体内に感染した細菌ということです。

加齢や健康状態など、何らかのきっかけで発症したようです。

私は長生きしたいとは思いませんが、病気になって、治療や入院となると、金銭的な負担が大きくなります。

健康って財産ですね。

空腹で健康になれるのであれば、実践したいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事