マニュアル
スポンサーリンク

配置転換で、事務作業なんてした事がない現場のおじさんが、
エクセルを覚えなければいけなくなったとしたらどうしましょう?

作業現場でもパソコン無しで仕事なんてできない時代ので
全く未経験という人は稀だと思いますが
エクセルは使った事がないという人はいるかも知れませんね。

中年おじさんがエクセルを一から独学する勉強法を考えてみたいと思います。

 

中年おじさんがEXCELを独学する勉強法

警備員

仕事でエクセルを使わなくてはいけなくなった時、
「自分に使えるようになるだろうか?」などと
心配しなくても大丈夫です。

エクセルは使えるようになります。

「エクセルが使えなかった」という理由で
別の部署に異動したという話を聞いたことがありません。

エクセルは間口の広い業務ソフトです。

初心者から上級者まで幅広い人達が
それぞれのレベルに応じて使いこなしている
ソフトウェアなので、大丈夫です。

そして、表計算ソフトといえばエクセルと言われるぐらい
世の中に浸透しているソフトウェアなので、
独学するための書籍も充実しています。

あまり分厚い本だと途中でくじけてしまうので、
安くて薄い初心者向けの本を何回も読むのが良いでしょう。

エクセルを全く使った事がなく、
パソコンの操作も怪しいという人には、
これぐらいの本がおすすめです。

覚えるコツは「キーワード」です。

今まで聞いたことがないキーワード(用語)がたくさん出てきます。

例えば、「セル」とか、「ワークシート」とか、
「ダイアログボックス」とか、
数ページを開いただけで訳がわかりません。

最初は、こういったキーワードに少しずつ慣れていって
わからない言葉を無くしていきましょう。

そして、エクセルにはどんな機能があるのか理解しましょう。

その機能が必要になるかどうかは、担当する仕事次第ですが
エクセルで何ができるのかは把握しておいた方が良いです。

具体的なオススメ書籍は別の機会で紹介します。

そして、ここから重要ですが、
「余分な事まで覚える必要はない」
という事です。

エクセルは多機能です。

たくさんの機能が備わっていますが、
自分の仕事に関係のない機能の使い方まで
最初から覚える必要はありません。

例えば、エクセルで掃除当番表を作りたいだけなのに
グラフの作り方を覚える必要はありません。

掃除当番表を作りたいのであれば、
文字入力の方法と文字の大きさやフォントを変えたり、
枠線の描画を覚えた方が良いです。

作成した当番表をきれいに印刷する方法を覚える方が
グラフを覚えるよりも必要な知識です。

営業管理をしていて、
担当者毎の売上グラフが必要であれば
グラフの作り方は必要な知識です。

「今」必要な事を最低限おぼえれば
それで仕事に使うことは可能です。

無理して難しい事まで覚える必要はありません。

中年おじさんがエクセルを独学で勉強するコツは
「必要な部分だけ覚える」事です。

難しい事は、出来る人に任せてしまえば良いのです。

それよりは、自分が得意とする分野に持ち込んで
仕事をした方が効率的です。

 

学生や新卒新入社員は基本をしっかり学ぶ

チャート

学生や新卒の新入社員が学校や新入社員研修で
エクセルを学ぶ機会がある人は良いのですが、

独学でエクセルを習得しなければいけない時は
資格取得を目指して勉強しましょう。

エクセルに関連した資格としては、以下のものがあります。
・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・Excel表計算処理技能認定試験
・日商PC検定試験(データ活用)

資格取得であればテキストも多いし、
勉強するノウハウなどの情報も手に入りやすいです。

その中でもMOSは、知名度が高く、
幅広くエクセルの機能が学べるので良いでしょう。

一般レベルと上級レベルの資格があるので、
学生の間に上級レベルまで取得していると

どんな職種に就いたとしても
エクセルを仕事に活かすことができます。

何にエクセルが使えるのか基本をしっかりと学び
仕事に活かせれば評価も高くなり、
時間も効率よく使えます。

 

WEBとメールが使えて当然は古い?

スマホ入力

パソコンを触った事がない新入社員がいる
という噂話を聞いてビビっています。

今更、パソコンの使い方なんて指導できません。

私が新入社員だった頃は、パソコンを操作できるのは
コンピューター系の専門学校を卒業した人か、
高校生で情報処理を学んだ人ぐらいでした。

新入社員研修で、キーボードのブラインドタッチを
練習したりしました。

パソコンは部署に1台で「10時から30分使います」と
予約したものです。

それが、この20年ぐらいは、
新入社員はパソコンが使えるのは当然で、

基幹システムの利用マニュアルがあれば
メールやエクセルはなんとなく使いこなしていました。

取引先の担当者から聞いた情報によると
新入社員でパソコンを触った事がないという人が
いるそうです。

WEBやメールはスマホを使うので、
フリック入力はできても

qwerty配列のキーボードでローマ字入力が
できないそうです。

最初からパソコンの操作を教えるのは大変ですね。

スマホだけで仕事が完結するように
環境を整えておく必要があるのでしょうか?

 

机からパソコンが無くなる日はいつ?

音声入力

会社で一人一台パソコンを使って
仕事をするようになったのは
Windows95の頃でしょうか。

それまで、ワープロといえば一太郎、
表計算といえばロータス123でしたが、

Windows95が普及した時に、
ワードとエクセルに置き換わりました。

このまま進めば、会社からパソコンが消え
スマホで仕事をする時代がくるかも知れません。

WEBとメールで仕事が完結するのであれば、
今でもスマホだけで仕事ができます。

まだ、データ入力はキーボードの方が早いので
しばらくパソコンが無くなる事はないと思いますが

音声入力などでキーボードより早くなれば
その時はパソコンが無くなるかも知れません。

さすがにスマホでは画面が小さいので
中年おじさんには辛いものがありますが、

タブレットぐらいの大きさがあれば
文字も見やすくて、何とかなりそうです。

5Gも始まるので、
仕事のやり方が劇的に変わる時が
来るかも知れませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事