経済的に困窮する50代サラリーマンが手取りを増やす7つの方法!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

内定した52歳社内SEのおぐです。

「2020年 家計調査」によると年収400万円で貯蓄なし世帯の割合は1割強ほどで、それほど多くはありません。

収入が少なくても、貯蓄できる家庭が多いのですね。

我が家は、子どもの教育費にお金がかかるタイミングで、経済的に困窮していて、貯蓄どころではありません。

一時的なもので、数年経てば改善するのですが、それまでは慎ましく生活しなければいけません。

この状況を乗り越えるため、少しでも手取りを増やす方法を考えてみます。

残業して手取りを増やす

残業して手取りを増やす

サラリーマンが手っ取り早く給料を増やす方法として思いつくのは、残業をすることです。

管理職でなければ、残業することで残業手当が増えます。

管理職でなくても、みなし残業を導入しているしている企業が増えているので、そんな簡単に増えないかも知れませんね。

私の周りにも、残業代を稼ぐため、仕事をチンタラやっている同僚がいました。

しかし、この数年、残業を減らすために社内の手続きが変わってきたので、簡単に残業できなくなりました。

「働き方改革」と言えば聞こえは良いのですが、要するに残業代をケチった訳です。

その分、基本給を増やしてくれれば従業員として良いのですが、残業はほぼゼロになったにも関わらず、基本給は変わらずで、手取りが激減しました。

5年前に比べて、5万円ほど給料が減っています。

社会保険料も増えているので、新卒の若い人よりも手取りが少ないかも知れません。

手続きして手取りを増やす

手続きして手取りを増やす

以外に知らない人が多いのですが、年末調整などの手続きをしっかり行うと、手取りが増えます。

提出書類の記載方法がわかりにくくて、何となくテキトーにしていませんか?

保険料や住宅ローン、医療費など、きちんと計算して申請すれば、思ったよりも多くの金額が年末調整で戻ってくることがあります。

他にも、手続きすることで補助金などが受け取れたりすることがあるので、きちんと調べることが大切です。

労務や総務などの詳しそうな人に相談すると良いでしょう。

転職して手取りを増やす

転職して手取りを増やす

「転職」は最後の手段です。

ただ、転職したからと言って手取りが増えるとは限りません。

私の経験からすると、転職して手取りが減った方が多いです。

さらに、50代になると、転職することが難しいことです。

気軽に転職なんてすすめられません。

それでも、やんごとなき事情で転職しなければいけないのであれば、まずは転職サイトで求人情報を確認しましょう。

リクナビNEXTに登録して求人情報を確認する

節約して実質的に手取りを増やす

節約して実質的に手取りを増やす

私の家族は「節約」という意識が全くない人ばかりです。

例えば、お風呂でも、時間を集中させて入ればガス代も節約できるのですが、各々、好き勝手な時間に入るし、入浴中に動画を見たりして、長時間入っていたりで、とんでもないことになっています。

同じように、食事の時間もバラバラだし、家族そろって同じ部屋で過ごすようなことがありません。

電気代も灯油代も高くなっているので、工夫次第で節約できるはずです。

追い焚きできないお風呂なので、せめて朝風呂をやめてくれれば、それだけでも違うと思うんですよね。

ポイ活で実質的に手取りを増やす

ポイ活で実質的に手取りを増やす

節約と関連してなんですが、支払いを1つのクレジットカードにまとめて、ポイントをたくさんもらっています。

携帯電話や電気料金などの支払いもクレジットカードにしているので、通常よりもお得にポイントが貯まります。

貯まったポイントはビットコインにして値上がりしないか楽しみにしています。

少し貯まったところで、すぐに引き出して使ってしまうので、投資にはなっていませんが、預けたポイントが倍になっているとうれしいですよね。

昨年は、子どもの誕生日プレゼントに使いました。

結構、喜んでもらえましたよ。

アルバイトして手取りを増やす

アルバイトして手取りを増やす

ここからは、実際の手取りを増やす方法を考えてみます。

定番ですが、アルバイトです。

年末年始の長期休暇なら、まとめて行えます。

時給も上乗せされているので、結構な金額を受け取れます。

副業で手取りを増やす

副業

最近は、アフィリエイトやWEBライターなどの副業がやりやすくなりました。

プログラミングでも、仲介してくれるサイトが増えたので、仕事を請けやすいです。

ブログの記事を良いものにするために、WEBライターの仕事をやりたいと考えています。

誰かに評価されるとスキルが上がりますよね。

自分のブログに書き込んでいるだけだと、質に関してはなあなあになっていきます。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


おすすめの記事