低賃金で自分の首を絞める日本企業!転職して年収UPを目指します!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

内定した52歳社内SEのおぐです。

転職して年収アップを目指します!

中田敦彦さんのYouTube大学で紹介されていた本が気になります。

安いニッポン 「価格」が示す停滞 (日経プレミアシリーズ)

給料が安くても物価が安いので大丈夫だと思っていたのですが、間違いでした。

最終的に困るのは日本と言う国全体です。

国の存亡に関わることです。

低賃金で自分の首を絞めているのに、そろそろ現実に目を向けないと、企業も政府もヤバイことになりそうです。

 

30年前と同じ年収

30年前と同じ年収

退職直前に社長と話をする機会があり、
「やっぱり給料か」退職理由について聞かれました。

安いことは自覚しているんだなぁ、と感じました。

自分が優秀かどうかはわかりませんが、
この安い給料で勤め続けることができる人材は限られているでしょう。

他に家計を支える人がいれば良いですが、
世帯主として手取り20万円ではやっていけません。

日本の会社員は、30年前から
平均年収が変わっていないらしいです。

1992年に455万円だったのが、
2019年に436.4万となっているということです。

減っていますね。

自分の年収を振り返ってみても、
新卒5年目ぐらいの年収と今の年収が変わらないぐらいです。

50代の平均年収には、遠く及びません。

極端に給料の安い会社に勤めているのが理由だと思っていたのですが、
転職活動を始めてみると、似たような給料の会社がたくさんありました。

自分だけ極端に給料が安い訳ではなかったようです。

バブルが弾けてから30年ですね。

途中、ITバブルなど景気の良かった時期もありますが、
企業は内部留保を溜め込むばかりで、従業員への還元は少なかったように思います。

どこの会社も似たようなものだったので、平均年収は上がらなかったのでしょうね。

平均年収が上がらないから物価も変わらなかったのか、
物価が変わらないから平均年収が上がらなかったのかわかりませんが、
安い物を買い、安い食事をして、安いサービスで満足した30年でした。

浮かれすぎたバブルの反省だったのでしょうか。

 

物価が安いままだと困ること

物価が安いままだと困ること

物価が安いと海外から買い物客がたくさん訪れます。

中国人の爆買いツアーが話題になりました。

訪日外国人が多かったのは、日本のおもてなしを楽しみに来ていた訳でなく、安いサービスを堪能していただけなんですね。

家電や化粧品を爆買いして帰っていくぐらいならいいですが、土地や人材、会社まで爆買いされてしまったらどうでしょう。

雇用主が外人になっても、日本で生活しているし、日本に税金が支払われるのであれば問題ないですが、日本の政府は海外から資本が入ってくることを想定していないように思います。

海外から資本が入ってくるだけなく、これまで祖先が蓄えてきた資産が海外に流出しないか心配です。

規制するか、制度設計を見直す必要があるんじゃないでしょうか。

そうしないと、溜め込んだ内部留保ともども、海外に持っていかれることになってしまいます。

リクナビNEXTに登録して年収UPの求人情報を確認する

 

ベーシックインカム導入で給与水準を見直す

ベーシックインカム導入で給与水準を見直す

そろそろ日本でベーシックインカム導入が実現しないか期待しています。

いっきに消費税を20%ぐらいにして、同時に月7万円のベーシックインカム導入でどうでしょう?

ただし、日本国民でも国内に住んでいないといけません。

外国人が帰化しようとして、すごいことになりそうですね。

国民健康保険のように、悪用されないか心配なので、しっかりした制度設計をお願いいたします。

あと15年で年金が受給できるのであれば、その方がお得でしょうか。

ベーシックインカム導入でごたごたする期間を考えると、すぐに年金受給開始の年齢になりそうな気がします。

 

人口を増やす政策

人口を増やす政策

人口が減ってしまっては経済成長は期待できません。

そういった意味でもベーシックインカムは良いと思います。

0歳児でも一定の収入を得ることができます。

子育ての負担が軽くなります。

月3万円の子ども手当でも良かったのですが、政権取っても実現しませんでした。

ダマされたと思いました。

ニューヨークのように年収1000万円でも裕福な暮らしができないのは残念ですが、世界的に見ても低賃金となってしまった現実を受け止めて、給料を上げたら会社が倒産するとか言ってないで、何か手を打ってもらいたいです。

ここでめぐり逢えたみなさんにお願いです!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

応援してもらえると、とても喜んでもっと良い記事を書きますので、下のバナーをクリックしてください!


おすすめの記事